MIDIの再生環境について パソコン、スマートフォンなど
ネット音楽教室

MIDIの再生環境


TOP > MIDIの知識 > MIDIの再生環境

MIDIの再生環境

パソコンで「Internet Explorer」と「Windows Media Player」の組み合わせが一番簡単に再生できる環境です。「繰り返し再生」も正常に動作します。また、「Windows Media Player」の場合、PC本体で設定されたMIDIドライバー先のMIDI音源を鳴らす事ができます。特別に拘りがない場合であれば、この環境で再生して楽器練習するのが一番確実です。

「Quick Time」は現在、ブラウザ上でMIDIを再生できなくなっている様です(詳細は不明です)。

他のWEBブラウザでMIDIを再生する場合には、ブラウザ環境によっては「Windows Media Player」プラグインを個別にダウンロードしインストールする必要がある場合があります。「Chrome」「Firefox」などがそうです。

このサイトでは、携帯電話以外であれば、MIDIをMP3で再生できます(PC、スマートフォン、PS3/Xbox360/PSPなどのゲーム機)。

MIDIは多くの場合、携帯電話やスマートフォンでは再生できません。このサイトでは、コード、スケール、各種ピアノ曲の再生、シーケンサー等にMIDIを使用していますので、音を再生しながら練習する場合は、パソコンやスマートフォンを使用したレッスンをオススメしております。

※一部のPHSではMIDIが再生できるようです。

パソコンにあらかじめ組み込まれているMIDI音源は、色々な音を再生できますが、やはりシンセサイザーなどの専用機に比べると聴き劣りしてしまいます。そういう場合、ソフトウェア・シンセサイザーをパソコンにインストールする事で、MIDIを高品位な音で再生できる様になります。ソフトウェア・シンセサイザーは非常に重いプログラムですので、パソコンのCPUも、できるだけ最新のものを使用し、メモリも4MB以上は確保しておきたいものです。


スマートフォンの場合

このサイトではMIDIをMP3で再生できます。プレーヤーで「MP3」を選択してください。


PS3/Xbox360/PSPなどのゲーム機の場合

このサイトではMIDIをMP3で再生できます。プレーヤーで「MP3」を選択してください。


Internet Explorer の場合

MP3で再生

このサイトではMIDIをMP3で再生できます。プレーヤーで「MP3」を選択してください。

MIDIをWindows Media Playerで再生する場合

殆どの場合、「Windows Media Player」があらかじめ組み込まれていますから、インストールせずとも、そのままで動作します。

[Alt]→ツール>アドオンの管理 で、有効・無効の選択ができます。「Quick Time」が優先されている場合、ここで無効化します。


Google Chrome の場合

MP3で再生

このサイトではMIDIをMP3で再生できます。プレーヤーで「MP3」を選択してください。

MIDIをWindows Media Playerで再生する場合

「Google Chrome」の場合、パソコン内に「Windows Media Player」がインストールされていても、さらに「Google Chrome」にエクステンション(プラグイン)をインストールする必要があります。

以下のサイトをご参照ください。
Windows Media Player プラグイン利用ガイド

手順

ダウンロードサイトにアクセス

Download the extension from here (right click and "Save Link As...") and save it on your local machine.
の「here」の部分をクリックするか、右クリックして「名前を付けてリンク先を保存(K)」を選択し「wmpChrome.crx」をダウンロードします。

Chromeの右上のメニュー「三」ボタン→ツール→拡張機能に移動、もしくはアドレスバーに
chrome://extensions/
と入力しても拡張機能画面に移動できます

拡張機能の画面に「wmpChrome.crx」をドラッグ&ドロップ

新しい拡張機能の確認で「追加」をクリックします。

以上でインストールが完了です。

インストールされたかどうかの確認

chrome://plugins/
で、Windows Media Player が「常に許可する」にチェックが付いていれば、完了です。

Chromeを再起動させます。

これでMIDIをWindows Media Playerで再生する事ができます。


Quick Time Payer アップル社

「Quick Time Payer」は現在ブラウザ上でMIDIを再生できなくなっている様ですが、念のため手順を書いておきます。

1.Windows 用 QuickTime Player をダウンロード
https://www.apple.com/jp/quicktime/download/の、

2.QuickTime Player をインストール。

3.Chromeを再起動させます。

これでMIDIをQuickTimeで再生する事ができます。

QuickTime Player を無効にする場合は、Chromeのアドレスバーに
chrome://plugins/
と入力し、QuickTime「無効にする」をクリックします。


Firefoxの場合

MP3で再生

このサイトではMIDIをMP3で再生できます。プレーヤーで「MP3」を選択してください。

MIDIをWindows Media Playerで再生する場合

「Firefox」の場合、パソコン内に「Windows Media Player」がインストールされていても、さらに「Firefox」にエクステンション(プラグイン)を個別にインストールする必要があります。

以下のサイトをご参照ください。
Windows Media Player プラグイン利用ガイド

手順

ダウンロードサイトにアクセス

Download Nowの部分をクリックするか、右クリックして「名前を付けてリンク先を保存(K)」を選択し「wmpfirefoxplugin.exe」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行し、
「Next」→「Change」→「Next」→「Change」→「Finish」をクリックしてインストールが完了です。

「Firefox」のアドレスバーに
about:config
と入力

「plugins.load_appdir_plugins」をダブルクリックして値を「true」に変更します。

Firefox を再起動するとプラグインが有効になります。


パソコンでブラウザを使わずに直接MIDIを再生する場合

パソコンであれば、殆どの場合、そのままでMIDIを再生できます。

Windows Media Player
QuickTime Player





コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年10月22日(日)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室