冨田勲 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

冨田勲 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > 冨田勲 最新情報、最新ニュース一覧

最新ニュース

冨田勲 プロフィール wikipedia

冨田 勲(とみた いさお、1932年4月22日 - )は日本の作曲家、アレンジャー 編曲家、シンセサイザー奏者 シンセシスト。
世界を代表するシンセサイザーアーティストの第一人者として知られる。
医師の長男として東京に生まれ、まもなく中国へ渡り幼少時代は青島や北京で過ごす。小・中学時代は父親の実家の岡崎に住む。愛知県立岡崎高等学校から慶應義塾高等学校に編入する。経歴的には、慶應義塾大学文学部卒業の異色の作曲家といえる。息子に慶應義塾大学医学部、環境情報学部教授の冨田勝。
作曲は独学であったが、高校2年からは平尾貴四男、小船幸次郎に師事。大学では文学部で美学美術史を専攻、その傍らで弘田龍太郎に音楽理論を学ぶ。大学2年の時に、朝日新聞社主催の全日本合唱連盟のコンクール用課題曲募集に、合唱曲『風車(ふうしゃ)』を応募し一位となる。これにより作曲家の道を歩む決心を固め、在学中より日本放送協会 NHKの音楽番組の仕事をはじめ作曲活動に入る。1955年に大学を卒業する。
....

冨田勲 最新ニュース

取得時間:2018/08/13 04:43


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

冨田勲『MISSING LINK of TOMITA 日本コロムビア初期作品集 1953-1974』 シンセサイザー音楽以前、アーリーTOMITAの世界 Mikiki
シンセサイザー音楽以前、アーリーTOMITAの世界. 1974年にモーグ・シンセサイザーを駆使し、ドビュッシーの名曲を取り上げた画期的なアルバム『月の光』を発表し、日本人として初のグラミー・ノミネートとなり、瞬く間にシンセサイザー奏者の第一人者となった冨田勲。

トミタサウンドをオーケストラで!「冨田勲メモリアルコンサート」庵野秀明監督よりコメントが到着! PR TIMES (プレスリリース)
冨田勲メモリアルコンサート」では、映像を前提に作曲された傑作から、オーケストラ、合唱、シンセサイザー、エレキギター、エレキベース、ドラムス、電気楽器など、様々な楽器を最大に使って、壮大な響きでトミタサウンドを味わうコンサートである。コンサートの最後に演奏する『 ... »

9月17日(祝)「冨田勲 映像音楽の世界 SOUNDS OF TOMITA」を東京国際フォーラムにて開催。「マイティジャック」の特別編集動画にあわせてオーケストラと合唱で味わう ... 宮崎日日新聞
冨田勲 映像音楽の世界」では、映像を前提に作曲された傑作から、オーケストラ、合唱、シンセサイザー、エレキギター、エレキベース、ドラムス、電気楽器など、様々な楽器を最大に使って、壮大な響きでトミタサウンドを味わうコンサートである。コンサートの最後に演奏する『 ...

世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲の幻のシンセサイザーワークが発掘 TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
レコードデビュー盤となった子どものための童謡から、70年代のシンセサイザーで世界へ雄飛する直前に手がけた貴重なマイルストーンとも言える創作ダンス音楽までを厳選した、冨田勲の創作の原点を解き明かすアルバムだ。中でも、ラストに収録されている1974年制作の「愛 ...

冨田勲メモリアルコンサート9月開催。特撮・アニメ・映画音楽を特集 BARKS
月の光』『展覧会の絵』『惑星』などのシンセサウンドで国際的な評価を集めた冨田勲であるが、それ以前の冨田は、わが国の映画・ドラマをまたにかけて大活躍したサウンドトラックの名手だった。本コンサートは、これまでに待望されながら実現を見なかった1960年代〜70年代 ... »

冨田勲、幻のシンセサイザーワーク発掘 BARKS
2016年5月5日に逝去した世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲の幻のシンセサイザーワークが発掘されたという。日本コロムビアに遺された冨田による同貴重音源は、アルバム『MISSING LINK of TOMITA 冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953〜1974』として5月23日 ...冨田勲のコロムビア初期作品集リリース音楽ナタリー冨田勲の初期作品集『MISSING LINK of TOMITA』 デザインは宇川直宏CINRA.NET(シンラドットネット)all 2 news articles »

冨田勲さん初期シンセサイザー曲「愛《コムポジション―習作》」のダンス動画公開 アニメハック
ダンス動画「冨田勲×辻本知彦 TOMITA幻のシンセサイザー作品『愛 《コムポジション―習作》』を踊ってみた」の振り付けは、冨田さんの遺作となったバレエ作品「ドクター・コッペリウス」で振付師としてデビューし、「NHK紅白歌合戦」で、郷ひろみや土屋太鳳の振り付けも手がけた、 ...

冨田勲×辻本知彦、 大妻嵐山高校ダンス部による「愛」のダンス映像公開 OKMusic
今亡き世界的シンセサイザーアーティスト・冨田勲のダンス作品に、今最も勢いにのるダンサーと振付師が挑んだ! 5月23日にリリースされたアルバム『MISSING LINK of TOMITA〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜』に収録されている、冨田勲のシンセサイザー ...冨田勲、シンセサイザーワーク「愛」映像公開 辻本知彦の振付を大妻嵐山高校ダンス部が踊るリアルサウンド冨田 勲、最初期のシンセサイザー作「愛」に辻本知彦が振付した映像公開CDJournal.com冨田勲の作品で“踊ってみた”公開 振付は米津玄師/郷ひろみ/土屋太鳳でも知られる辻本知彦ニコニコニュースall 8 news articles »

冨田勲の映像音楽をオーケストラで聴く、『冨田勲 映像音楽の世界』開催 CINRA.NET(シンラドットネット)
2016年に亡くなった冨田勲。同公演では冨田勲が残した映像音楽の中から、1960年代と1970年代の作品にフォーカス。円谷プロによる特撮ドラマ『マイティジャック』の映像付き演奏に加えて、『キャプテンウルトラ』『ノストラダムスの大予言』の楽曲や、『ジャングル大帝』『リボンの ...映画、テレビを彩ったトミタサウンドがオーケストラで甦る冨田勲メモリアルコンサート 開催決定!PR TIMES (プレスリリース)all 13 news articles »

冨田勲が“日本テクノ界の始祖”と呼ばれるまでの軌跡 幻の音源から創作の原点を紐解く リアルサウンド
2016年5月5日に逝去した、世界的シンセサイザーアーティストで作編曲家の冨田勲による、日本コロムビアに遺した貴重な初期音源集『MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜』が5月23日にリリースされた。 冨田勲といえば、 ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年8月15日(水)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室