佐良直美 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

佐良直美 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > 佐良直美 最新情報、最新ニュース一覧

最新ニュース

佐良直美 プロフィール wikipedia

佐良 直美(さがら なおみ、1945年1月10日 - )は、日本の元歌手・タレント・女優で、現在は実業家として活動中。本名:山口 納堡子(やまぐち・なほこ)、現在は芸名と同じ佐良直美に改名。
東京都出身。明治時代の漢学者川田甕江の曾孫にあたる。日本大学藝術学部卒業後、1967年に歌手デビュー。デビュー曲の「世界は二人のために」は、120万枚のレコード売上げを記録。第9回日本レコード大賞の新人賞を受賞、さらに同年のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たし、一躍人気歌手の仲間入りを果たす。翌1968年、「世界は二人のために」が同年春開催された、第40回選抜高等学校野球大会 第40回選抜高校野球大会の選抜高等学校野球大会入場行進曲 入場行進曲に採用された。
....

佐良直美 最新ニュース

取得時間:2018/05/23 13:38


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

実に平和なドラマ…そこがいい!「ありがとう 第2シリーズ」 ZAKZAK
この事件には、十七子(佐良直美)も関係があるのだが、十七子はなぜ浄子が家出してしまったのか、さっぱり分からない…。 実に、平和なドラマです。殺人とか人を騙したりとかはありません。でもいいのです。個人的には、病院の院長をやっている伊志井寛が好きですねー。

町山智浩×水道橋博士×古泉智浩×枡野浩一「サブカルの歴史を語る〜権威編」【5】 wezzy
俺のオネェは!」と吠える博士の真意とは―? 【第5回の初登場人名】久田将義、竹中労、根本敬、猪瀬直樹、石井慎二、日垣隆、アントン・イルチェン、ギンティ小林、杉作J太郎、高橋ヨシキ、てらさわホーク、森繁久彌、萩本欽一、美輪明宏、志茂田景樹、佐良直美、草野満代( ... »

佐良直美 今年も上京…石井ふく子の誕生日パーティで極秘熱唱 女性自身
58年に創刊され、多くの芸能人が登場してきた『』が2800号をむかえた。彼らは今、何をしているのか。“意外なその後”を大追跡! 同性愛を暴露され、87年に芸能界を離れた佐良直美(72)。現在は栃木県内で家庭犬のしつけ教室を運営している。 70年代にドラマ『 ... »

ミッツ・マングローブ「究極のテレビアイドル・佐良直美を探せ!」 dot.
誰しも『テレビの原風景』なる人がいると思いますが、私のそれは、由紀さおりさんと中村雅俊さん、そして佐良直美さんです。特に佐良直美さんは、ブラウン管の中に生息する異次元生物の最たる人。私の性や装い、異質者としての身の置き方に、とてつもない影響を与えてくれたの ... »

佐良直美、久々に歌番組に出演 没後25年のいずみたくさんを追悼 ORICON STYLE
歌手の佐良直美(71)が、14日にテレビ東京系で放送される『夏祭り にっぽんの歌 2016』(後7:54〜9:48)にスペシャルゲストとして出演することが明らかになった。テレビの歌番組に出演するのは久しぶりとなり、今年、没後25 年目にあたる作曲家いずみたくさんの特集コーナー ... »

佐良直美「ひとり旅」で表現したトランスヴェスタイトによる男歌の世界 GetNavi web (ブログ)
同じく佐良直美さんと時々入れ替わりのように司会を務めてらしたのが水前寺清子さん(通称:チータ)。佐良さんの口調には、女性軍の柱となるような頼り甲斐のあるズシっとした重みがあり、チータの口調には、男性軍を煽り攻め入るような男勝りでチャキチャキとした軽快さが ...

代表曲歌唱を拒否 あの佐良直美はなぜ歌番組に出演した? 日刊ゲンダイ
歌番組より犬猫番組を――。往年のベテラン歌手、佐良直美(71)にこんな声しきり。 14日に放送されたテレビ東京「夏祭り にっぽんの歌 2016」。佐良はこれにスペシャルゲストとして登場。出演したのは没後25年のいずみたくを追悼したコーナーで、司会の宮本隆治と共に、 ... »

“歌手”佐良直美、4億円超の大もうけ! シェールガス革命で株価急騰 ZAKZAK
世界は二人のために」の大ヒットやドラマ「ありがとう」で知られる歌手、佐良直美(68)が表舞台を去って久しい。栃木県那須塩原市で家庭犬のしつけ教室「アニマルファンスィアーズクラブ」を1993年に設立して以来、140匹を超える犬猫や動物たちの世話をする毎日だ。 »

山上路夫「翼をください」誕生秘話 七転八倒…書き直した歌詞 産経ニュース
山上は1960年代に作曲家、いずみたくと組んでヒット曲「世界は二人のために」(佐良直美)や「夜明けのスキャット」(由紀さおり)などを発表。歌手の個性を生かす表現力が話題を呼び、次々に依頼が舞い込むようになった。「30代前半の頃は年間300曲ほど書いていた」という。

「キャッシーにはめられた」と語っていた「佐良直美」のレズ騒動 デイリー新潮
芸能人はイメージを売る職業だから、そのイメージに反したスキャンダルが発覚するやいなや、一気に仕事を失いかねない。最近は不倫騒動で休業に追い込まれたベッキー、昔ならレズ騒動の佐良直美である。 ***. いや、当時の佐良はベッキーなど比でないほどのスターだっ ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年5月23日(水)
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室