伊勢正三 最新情報、最新ニュース、最新ブログ一覧です
ネット音楽教室

伊勢正三 最新情報、最新ニュース、最新ブログ一覧


TOP > アーティスト最新情報 > 伊勢正三 最新情報、最新ニュース、最新ブログ一覧

最新ニュース 最新ブログ記事

伊勢正三 プロフィール wikipedia

伊勢 正三(いせ しょうぞう、1951年11月13日 - )は、シンガーソングライター。あだ名は正やん。かぐや姫 (フォークグループ) かぐや姫、風 (歌手) 風のメンバー。大分県津久見市出身。大分県津久見市立第一中学校、大分県立大分舞鶴高等学校卒。千葉工業大学工学部工業化学科中退(3ヶ月ほどで中退)。
南こうせつに誘われて「かぐや姫」の新メンバーになり、山田パンダと3人で1975年4月まで活動。1975年2月に元・猫 (フォークグループ) 猫の大久保一久とフォークデュオ「風 (歌手) 風」を結成。1979年に風が活動休止した後、ソロ活動を開始。1981年、南こうせつとともに日本クラウンからポニーキャニオンへ移籍。1985年からは表立った活動を控えるが、1993年、フォーライフ・ミュージックエンタテインメント フォーライフへ移籍し、ソロ活動を再開した。1995年には池田聡と期間限定ユニット「IS」を結成、1999年には山本潤子とのコラボレーションを実現。。現在は、伊勢、太田裕美、大野真澄の3人で全国をまわっている『アコースティックナイト』コンサートを開催していて、好評を得ている。この3人は「なごみーず」と呼ばれるユニットを組んでおり、2007年12月2日コンサート会場と通販のみの限定リリースでライブ盤のCD『アコースティックナイト』を発売した。2008年に風の再結成が計画されたが、大久保の病気のため休止となった。その後「風ひとり旅」コンサートを企画し、全国をゆっくり行脚している。
....

伊勢正三 最新ニュース

取得時間:2018/08/13 22:15


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

HIRO [La'cryma Christi]増殖、全曲ヴォーカル収録のアルバムに“10編の愛” BARKS
HIRO [La'cryma Christi]増殖、全曲ヴォーカル収録のアルバムに“10編の愛”これらは、1970年代にかぐや姫と風といった2つの伝説的グループで活躍したレジェンド、伊勢正三の作詞によるものだ。同氏は日本を代表するスタンダードナンバー「なごり雪」や、50歳以上70歳未満の日本人なら全員が知っているであろう「22才の別れ」の作詞作曲者でもある。

馬場俊英、コラボレーションALリリース。全17本のツアーも開催 BARKS
参加しているのは伊勢正三、根本要(スターダスト☆レビュー)、KAN、SING LIKE TALKING 、加藤いづみ、玉城千春(Kiroro)、池田綾子、光永亮太、森大輔の全9組のアーティスト。馬場が尊敬する先輩アーティスト、同世代のアーティスト、馬場の背中を追いかけてくれる後輩 ... »

伊勢正三の未発表26曲をデジタル配信 ライブ会場ではCDを限定販売 ZAKZAK
なごり雪」や「22歳の別れ」などのヒット曲で知られるシンガー・ソングライターの伊勢正三(64)が、ファンからのリクエストに応えた作品集のデジタル配信を始めた。同作品集はCDアルバム化もし、ライブ会場で限定販売する。 伊勢は、70年代に「かぐや姫」、大久保一久との ...

伊勢正三、ファンリクエスト作品集を配信リリース ライブ会場限定でCDも ORICON NEWS
... で、風として出演した部分)をはじめ、渋谷公会堂での風のリサイタル(77年)と、日本武道館でのライブから未発表テイク26曲を収める。デジタル配信後の6月17日からは、CDアルバムとして伊勢のコンサート『伊勢正三LIVE 2018〜風が聴こえる〜』の会場のみで販売される。伊勢正三、未発表ライブ音源を13日からデジタル配信スポーツ報知「出し惜しみしないで」伊勢正三ベスト盤に未発表曲日刊スポーツall 8 news articles »

俳優・大堀こういちさんの財布には“隠し金”5000円が 日刊ゲンダイ
伊勢正三の大ファンでもある。 お金の使い道はもっぱら飲み代。演劇仲間の八嶋智人らともよく飲みに行くが、好きなのは立ち飲み。 「安い酒が好きなので都内各地の“せんべろ”の店で飲みます。例えば渋谷なら富士屋本店。渋谷駅から246を渡ってすぐのビルの地下にあるお店 ...

伊勢正三、最後アーカイブとしての風の未発表風ライブ音源を緊急発売 全日本歌謡情報センター (プレスリリース)
フォークデュオ・風のリアルライブベスト盤と言える内容の最後アーカイブ作品『伊勢正三LIVE BEST〜風が聴こえる〜風LIVE Vintage-SPECIAL EDITION』が6月13日から全曲デジタル配信、と6月17日からスタートする<伊勢正三LIVE2018〜風が聴こえる〜>の各ライブ ...

伊勢正三ライブアルバムに収録「なごり雪」 「切なさ」の原点は故郷の駅 産経ニュース
冬から春に向かう時期になると聴きたくなる曲がある。シンガー・ソングライター、伊勢正三(66)が作詞作曲した代表曲「なごり雪」だ。雪が降る中、列車で旅立つ「君」と見送る「僕」の別れを描いた作品。新作「伊勢正三 LIVE BEST〜風が聴こえる〜」にも入っている。伊勢は「実は ...

伊勢正三 1975年発表の名曲をスタジオライブ ニフティニュース
イルカのミュージックハーモニー」(7月8日放送)に、アーティストの伊勢正三が出演した。 伊勢は、「かぐや姫」「風」を経て、ソロ活動をしているが、「風」時代に発表した名曲をスタジオライブで披露した。演奏した楽曲は、1975年発売「風ファーストアルバム」に収録されている「 ...

吉田拓郎、夏のライブの主人公 「伝説」の最終章が始まる J-CASTニュース
出演は吉田拓郎、かぐや姫、南こうせつ、伊勢正三、山田パンダそれぞれのソロ、山本コウタローとウィークエンド。午後5時過ぎに始まり、翌朝4時半過ぎまで行われたオールナイトコンサート。観客は5万人とも6万人ともいわれている。 なぜそんなに曖昧な数字しか残っていない ...

伊勢正三、風の楽曲をフィーチャーした初フルライブAL発売 BARKS
伊勢正三が、45周年イヤーを締めくくる記念企画第二弾として初のフルライブアルバム『伊勢正三LIVE BEST〜風が聴こえる〜』を11月8日にリリースする。 ◇『伊勢正三LIVE BEST〜風が聴こえる〜』ジャケット/風 画像 本作は、大久保一久と共に1975年〜1979年まで活動し ...伊勢正三、初のフルライブアルバムリリース決定okmusic UP'sall 3 news articles »


伊勢正三 最新ブログ記事

取得時間:2018/08/13 22:15
ルーツ
僕らの憧れ…若大将!加山雄三さんなんと!この8月に日本武道館公演の最年長記録を更新するのだそうだ今年4月で77歳の喜寿を迎えられたというのに…記念ニューシングル
そういうことなんだ
桜前線は一気に駆け上がりあんなに待ち遠しかった早春を満喫出来ないまま慌ただしく三月が終わるそれでも…音楽をやってて良かったと思うシーンがことさら多いこの春例年の
新春「回文」歌会始の儀
明けましておめでとうございます本年も自分に出来ることを♪精一杯頑張ろうと思うので…どうかよろしくお願いします!〜と…一応前向きな抱負を述べつつも…やはり今年もヒ
その炎を消せ!
どうだ!若い頃よりは肺活量も衰えたとはいえ…二人で力を合わせてローソクにすれば124本分!の寄る年波の炎を一気に吹き消しているのだ♪元ガロ大野真澄氏との合同誕生
春のある国
傘はなくても「行かな〜くちゃ!」なのだ…君に会いに♪ 雨に濡れ整理整頓が苦手の僕にしては…この時ばかりは用途別にすべてコンパクトにまとめたフライフィッシングのタ
小さな幸せ
柔らかな午前中の陽光にようやく春の訪れが近いことを感じるようになったそれでも「目覚めた時の…あと5分の幸せ」も…まだまだ思う今日この頃少し前のことになるが…冬の
感暦LIVE
この日は…やはり格別の日だった深い友情と愛情に抱かれて今の自分があることを改めて思った60年目の誕生日当日というスペシャルなLIVEだからと言って大掛かりなもの
混沌の中の「笑顔」
「有」は「無」から生まれるのか?僕の場合?どうやらそれは混沌とした中からのものらしいそう言えば聴こえがいいが…具体的には散らかった机を俯瞰して見た景色のことだで
風の飛行船
懐かしいページをめくる感じで誰もが…嬉しいことも悲しいこともあった過ぎし日の景色や状況を思い浮かべた時今やっとここまで来たんだと…ポジティヴに感じられるような音
希望の道
まだ少年の頃の僕は…毎日のように家の前の海で魚釣りをしていた一向に動かぬウキを見つめて…2時間まるで「骨の標本」になるまでキレイに魚を食べてくれる父を想い浮かべ
東日本大震災
被災された方々…ご家族の方々には心からお見舞い申し上げますこれ以上の災害が拡がらない事を祈るばかりですその日はTV番組の撮影のため…ロケ地である静岡県の山間部に
旅情
ロングレール…その存在を知ったのはもう何十年も前だったと思うそれはほとんど気付かないことかもしれないが…列車の旅をしていて「ん?」と思うこんな瞬間はないだろうか
新春「回文」歌会始
「回文」とは…一説には平安時代からの歴史があるとも言われきっとその時代の粋な人達が…本来は短歌のようなアーティスティックな一文を後ろから詠んでも成り立つようにそ
12月のモチベーション
あんなに何でも上手なのに?「お客さんが聴きたいと思う曲が…やりたい曲」これはセンチメンタル・シティロマンスの“大御所” 告井さんの名言!それなら…20代初めに作
有り得ない偶然
「なごみーず」とは…太田裕美さんと大野真澄さん…そして僕との音楽ユニット♪文字通りステージでもバックステージでも和んでいる裕美ちゃんとは…専らサッカーの話で盛り




最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年8月15日(水)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室