ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧

プロフィール 最新ニュース

ベートーヴェン プロフィール

ベートーベン

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
誕生日:1770年12月16日ごろ(洗礼を受けたのが12月17日)
星座:いて座(Sagittarius)
次の誕生日まであと207日
出身地:ドイツ・ボン

ドイツの作曲家。宮廷歌手の一家に生まれる。苦労の連続の青年期を過ごしながらも、ピアノの即興演奏の名手として名声を獲得、20歳代後半には難聴さえも乗り越え、数々の名作を作り出す。その功績で音楽家としては最高の「楽聖」の称号が与えられている。ハイドンモーツァルトに影響を受けている。
ベートーヴェンの視聴&練習コーナーはこちらです

ベートーヴェンの音楽は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンやヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトらが形成した古典派音楽の集大成であり、かつ、中期以降の作品は、ロマン派音楽への扉を開くものとなっている。スケルツォの導入(第2番)、従来のソナタ形式を飛躍的に拡大(第3番「英雄」)、旋律のもととなる動機やリズムの徹底操作(第5番、第7番)、標題的要素(第6番「田園」)や声楽の導入(第9番)など、革新的な技法を編み出している。その作品は、古典派が尊重する様式美とロマン的な表現主義とをきわめて高い次元で両立させており、ドイツ音楽の理想的・象徴的存在として、以後の作曲家のほとんどに影響を与えた。同時に、第5交響曲に典型的に示されている「暗→明」、「苦悩を突き抜け歓喜へ至る」という図式は劇性構成上の規範となり、のちのロマン派や国民楽派の多くの作品がこれに追随した。また、ベートーヴェン以前の音楽家は、宮廷や有力貴族に仕え、その作品は公式・私的行事のBGMや機会音楽として作曲されたものがほとんどであったが、ベートーヴェンはそうしたパトロンとの主従関係を拒否し、むしろ一般大衆に向けた作品を発表する、自立した音楽家の嚆矢となった。史上初めて音楽家=芸術家であると公言した彼の態度表明は、音楽の歴史において重要な分岐点となる。


ベートーヴェン 最新ニュース

取得時間:2018/05/21 05:56


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

1967年ステレオ・ライヴ!セル&クリーヴランドのベートーヴェン“英雄" TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
1967年ステレオ・ライヴ!セル&クリーヴランドのベートーヴェン“英雄"セル+クリーヴランド管のベートーヴェン・プログラムより。MR2597モリーニの伴奏を務めた、ヴァイオリン協奏曲の後半プロ。かの有名なスタジオ録音から10年経過し、円熟味をさらに増したセルが成し得た至高の名演。1970年の来日公演でも「英雄」は絶賛されましたが、十八番 ...

ときにはぶらりと音楽を 毎日新聞
しかし前日、FMラジオ放送でマリア・ジョアン・ピリスの弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を聴いた時、その音楽のみずみずしさ、ピアノの音のあまりの美しさに心引かれ、急きょチケットを譲ってもらい、歌舞伎の前にNHKホールに足を運ぶことにした。ピリスが引退を決意して ...

正規アナログマスターから初復刻!ブダペストSQのベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集(モノラル録音) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
ブダペスト弦楽四重奏団のベートーヴェン」の声価を決定づけたモノラル時代の名盤です。日本でもモノラルLP時代に、1953年4月から1955年7月にかけて分売で発売され、LPで初めてのベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集となりました。ブダペスト弦楽四重奏団は1952年9月に ...

未発表放送用スタジオ録音を一気にリリース『エディト・パイネマンWDRリサイタル録音集』 TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
ベートーヴェンの高貴さには頭が下がるばかり。モーツァルトは深遠な思索に富んだ名演。ブラームスのFAEソナタの感受性の強さ。そしてシューベルトの「幻想曲」、この自由度の高い飛翔に心洗われる思いであります。伴奏ピアノの神様ともいえるデムスのバッキングが多いことも ...

ベートーヴェン唯一のオペラ「フィデリオ」の競演 毎日新聞
今月、東京でベートーヴェン唯一の歌劇、「フィデリオ」が東京フィルハーモニー交響楽団(演奏会形式)と新国立劇場によって相次いで上演される。自由の尊さや崇高な愛などベートーヴェンが理想として掲げるテーマを高らかに歌い上げた感動的なオペラではあるものの、日本では ...

新国立劇場《フィデリオ》 男装の麗人が夫を救うベートーヴェンのオペラを、ワーグナーのひ孫が演出 http://spice.eplus.jp/
http://spice.eplus.jp/ - http://spice.eplus.jp/新国立劇場の今シーズン最大の話題作、ベートーヴェンの《フィデリオ》が間もなく上演される。ドイツ・オペラの巨匠ワーグナーのひ孫で、バイロイト音楽祭の総監督を務めるカタリーナ・ワーグナーが新演出する舞台だ。このオペラの演出を彼女に依頼した飯守泰次郎が、芸術監督 ... »

伊藤恵の新シリーズ!『ベートーヴェン:ピアノ作品集』第1弾は“ワルトシュタイン”&“熱情”!(SACDハイブリッド) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
シューマンの全独奏曲、そしてシューベルトの主要作品の録音を完成させた伊藤恵。新シリーズは、[ピアノの新約聖書]と称されるソナタを中心とする<ベートーヴェン ピアノ作品集>。 忘れられていたシューベルトの器楽曲を高く評価し、作品群に再び光をあてたシューマン。

本屋大賞受賞の大ベストセラー作「羊と鋼の森」の映画化に伴い ... TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
本屋大賞受賞の大ベストセラー作「羊と鋼の森」の映画化に伴い、『オリジナル・サウンドトラック SPECIAL』と『ピアノ・コレクション』2種の発売決定 - タワーレコード. »

カラヤン&N響“悲愴”&園田高弘とのベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番は完全初出! TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
これまでチャイコフスキーの「悲愴」のみ録音が知られていましたが、何と園田高弘を独奏に迎えたベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番の音源をこのたび発見、初めて日の目を見ることとなりました。当時26歳の園田の若々しい推進力とピアノの粒立ちの美しさが、64年の時を経て ...

2018年6月来日公演曲目!カザルス弦楽四重奏団のベートーヴェン“弦楽四重奏曲チクルス”第1弾!(3枚組) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
作品18から次の四重奏曲第7番(ラズモフスキー)を作曲するまでには6年という歳月が流れておりますが、ベートーヴェンはその間にも充実の作品を書いており、音楽語法はより豊かなものになっています。さらに、最後の弦楽四重奏曲もあわせて聴くことにより、ベートーヴェンの ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年5月23日(水)
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室