ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧

プロフィール 最新ニュース

ベートーヴェン プロフィール

ベートーベン

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
誕生日:1770年12月16日ごろ(洗礼を受けたのが12月17日)
星座:いて座(Sagittarius)
次の誕生日まであと123日
出身地:ドイツ・ボン

ドイツの作曲家。宮廷歌手の一家に生まれる。苦労の連続の青年期を過ごしながらも、ピアノの即興演奏の名手として名声を獲得、20歳代後半には難聴さえも乗り越え、数々の名作を作り出す。その功績で音楽家としては最高の「楽聖」の称号が与えられている。ハイドンモーツァルトに影響を受けている。
ベートーヴェンの視聴&練習コーナーはこちらです

ベートーヴェンの音楽は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンやヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトらが形成した古典派音楽の集大成であり、かつ、中期以降の作品は、ロマン派音楽への扉を開くものとなっている。スケルツォの導入(第2番)、従来のソナタ形式を飛躍的に拡大(第3番「英雄」)、旋律のもととなる動機やリズムの徹底操作(第5番、第7番)、標題的要素(第6番「田園」)や声楽の導入(第9番)など、革新的な技法を編み出している。その作品は、古典派が尊重する様式美とロマン的な表現主義とをきわめて高い次元で両立させており、ドイツ音楽の理想的・象徴的存在として、以後の作曲家のほとんどに影響を与えた。同時に、第5交響曲に典型的に示されている「暗→明」、「苦悩を突き抜け歓喜へ至る」という図式は劇性構成上の規範となり、のちのロマン派や国民楽派の多くの作品がこれに追随した。また、ベートーヴェン以前の音楽家は、宮廷や有力貴族に仕え、その作品は公式・私的行事のBGMや機会音楽として作曲されたものがほとんどであったが、ベートーヴェンはそうしたパトロンとの主従関係を拒否し、むしろ一般大衆に向けた作品を発表する、自立した音楽家の嚆矢となった。史上初めて音楽家=芸術家であると公言した彼の態度表明は、音楽の歴史において重要な分岐点となる。


ベートーヴェン 最新ニュース

取得時間:2018/08/14 17:52


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

アレクサンドル・タローの手によって生まれ変わるベートーヴェンの後期ソナタ!“ピアノ・ソナタ第30番〜第32番” TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
微妙な音色の変化を伴う磨き抜かれた一つ一つの音はもちろんのこと、音が鳴っていない「空白の部分」にも強い説得力があり、細部にまで入念な感情移入が施された見事なベートーヴェンは、まさに熟考の人、タローならではの仕上がりです。 ※輸入盤のみDVD付き付属のDVD ...

フルトヴェングラーのベートーヴェン交響曲全集(LPレコード10枚組) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
旧EMIは1950年代にフルトヴェングラーとウィーン・フィルによるベートーヴェン/交響曲全集録音を企画しました。第1、第3〜7番の6曲をセッション録音したところで、1954年11月30日にフルトヴェングラーが亡くなり、全集は未完に終わりました。その後、1955年に交響曲第9番 ...

熱狂と冷静の相克!ワルター・ゲールのベートーヴェン“第九”1955年ステレオ録音 TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
ワルター・ゲールは戦前は旧EMIの音楽監督として、同レーベルの協奏曲録音の指揮者を担当し、戦後は通信販売のコンサートホールの指揮者としてヴィヴァルディからヴァレーズまで、数多くのクラシックの名曲を録音しました。とくにベートーヴェンの交響曲の録音は有名で、 ...

フルニエやリッチとの共演を含む!MEMBRAN『グルダ〜ベートーヴェン名演集』(10枚組) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
オーストリアのピアニスト、フリードリッヒ・グルダとルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンとのつながりは?反抗者、頑固者、部外者?彼の無条件の意志は、ユニークな芸術道の追求だけでなく、否定の根本的な精神も追求しました。彼は「クラシック音楽への反逆者」としてふるまい ...

稲垣吾郎、なぜピアノが似合う? ベートーヴェンとの親和性から考える リアルサウンド
稲垣吾郎は、ピアノがよく似合う。映画『クソ野郎と美しき世界』でピアニストのゴロー役を、2015年には舞台『No.9-不滅の旋律-』ではベートーヴェン役を熱演。今月発売された雑誌『JUNON』でもピアノと撮影したグラビアが印象的だった。そして、11月11日には『No.9-不滅の ...

グザヴィエ・フィリップ/フランソワ=フレデリック・ギィ インタヴュー ベートーヴェンのチェロ&ピアノ作品全集の新たなる金字塔!! Mikiki
歴史的名盤が数多いベートーヴェンのチェロ&ピアノ作品全集に新たな金字塔が現れた。演奏者は共にフランス人で、ベートーヴェンのスペシャリストとして名高いグザヴィエ・フィリップ(vc)とフランソワ=フレデリック・ギィ(p)。ギィは近年、彼の作品を集中的にレコーディングする ...

カラヤン60年代のベートーヴェン全集が現代美術家の豪華装丁LPボックスにて再登場! TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
ベートーヴェンの交響曲全集をセッション録音で4回(フィルハーモニア管と1回、ベルリン・フィルと3回)完成したカラヤンですが、この1961〜62年録音盤はベルリン・フィルとの初の全集で、カラヤン自身にとってもエポック・メイキングなものでした。 この全集の中の交響曲第5番《 ...

クレバース追悼盤『アンチェル/コンセルトヘボウの芸術I』ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲が復活! TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
コンセルトヘボウの名コンマスとして名を轟かせたクレバース独奏によるベートーヴェンのヴァイオリン 協奏曲に、これまた名演の誉れ高いドヴォルザークの8番。ステレオ録音で音質もたいへん良好です。当盤は2018年5月2日に亡くなったヴァイオリニス ト、ヘルマン・クレバースへ ...

横山幸雄 ピアノ・リサイタル<ベートーヴェン・プラス Vol.5> カンフェティ (プレスリリース)
横山幸雄 ピアノ・リサイタル<ベートーヴェン・プラス Vol.5>公演内容, 横山幸雄が2020年ベートーヴェン生誕250年に向けピアノ独奏曲全曲演奏に臨むシリーズ! 〈曲目〉 第1部 11:00開演ベートーヴェン:創作主題による6つの変奏曲 ヘ長調Op. 34 「エロイカ」の主題による15の変奏曲とフーガ 変ホ長調 Op. 35 第2部 12:00開演 ...

ウェールズ弦楽四重奏団、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集第2集をリリース CDJournal.com
昨年7月に発売されたウェールズ弦楽四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集の第1集(FOCD-9752)は、「純度の高い響きによる思索的な演奏」などと高く評価されました。それに続く第2集となる本作は、最後の作品番号を付され“精神の開放”へと向かう第16番、 ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年8月15日(水)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室