ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧

プロフィール 最新ニュース

ベートーヴェン プロフィール

ベートーベン

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
誕生日:1770年12月16日ごろ(洗礼を受けたのが12月17日)
星座:いて座(Sagittarius)
次の誕生日まであと61日
出身地:ドイツ・ボン

ドイツの作曲家。宮廷歌手の一家に生まれる。苦労の連続の青年期を過ごしながらも、ピアノの即興演奏の名手として名声を獲得、20歳代後半には難聴さえも乗り越え、数々の名作を作り出す。その功績で音楽家としては最高の「楽聖」の称号が与えられている。ハイドンモーツァルトに影響を受けている。
ベートーヴェンの視聴&練習コーナーはこちらです

ベートーヴェンの音楽は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンやヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトらが形成した古典派音楽の集大成であり、かつ、中期以降の作品は、ロマン派音楽への扉を開くものとなっている。スケルツォの導入(第2番)、従来のソナタ形式を飛躍的に拡大(第3番「英雄」)、旋律のもととなる動機やリズムの徹底操作(第5番、第7番)、標題的要素(第6番「田園」)や声楽の導入(第9番)など、革新的な技法を編み出している。その作品は、古典派が尊重する様式美とロマン的な表現主義とをきわめて高い次元で両立させており、ドイツ音楽の理想的・象徴的存在として、以後の作曲家のほとんどに影響を与えた。同時に、第5交響曲に典型的に示されている「暗→明」、「苦悩を突き抜け歓喜へ至る」という図式は劇性構成上の規範となり、のちのロマン派や国民楽派の多くの作品がこれに追随した。また、ベートーヴェン以前の音楽家は、宮廷や有力貴族に仕え、その作品は公式・私的行事のBGMや機会音楽として作曲されたものがほとんどであったが、ベートーヴェンはそうしたパトロンとの主従関係を拒否し、むしろ一般大衆に向けた作品を発表する、自立した音楽家の嚆矢となった。史上初めて音楽家=芸術家であると公言した彼の態度表明は、音楽の歴史において重要な分岐点となる。


ベートーヴェン 最新ニュース

取得時間:2018/10/13 12:18


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

ジェイムズ・ガフィガン&ルツェルン響によるベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」&ブラームス:悲歌 TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
1806年創設のスイス最古のオーケストラ、ルツェルン交響楽団とその首席指揮者として欧州楽界の注目を集める気鋭のジェイムズ・ガフィガンとのベートーヴェン「第9」の登場です。2017年のオリヴァー・シュニーダーとのピアノ協奏曲全曲を演奏・録音する「ベートーヴェン・ ...

気鋭鍵盤奏者エメリャニチェフが指揮者デビュー!ニジニ・ノヴゴロド・ソロイスツ室内管とのベートーヴェン:交響曲第3番“英雄”、他 TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
先日初来日し、東京交響楽団とブラームスの交響曲第1番やベートーヴェンの「皇帝」(スティーヴン・ハフ独奏)で日本デビューを果したマクシム・エメリャニチェフ。クルレンツィスのムジカエテルナの通奏低音奏者として、モーツァルトのダ・ポンテ・オペラ三部作録音で驚くべき才気を ...

ベートーヴェンの生涯に迫る大著 読売新聞
最新資料を駆使して大作曲家ベートーヴェンの作品と生涯に迫る大著『ベートーヴェン像再構築』が、春秋社から刊行された。著者は西洋音楽史家の大崎滋生さん。3分冊合本、1300ページを超える力作だ。 2014年末にドイツで出版された新しい作品目録により、それまで未解明 ...

ICI 視察ツアーで文豪ケーテと楽聖ベートーベンの家を訪問 インテリアビジネスニュース
インテリア文化研究所(ICI/本田榮二代表)は、来年1月の欧州インテリア視察ツアーで文豪ゲーテと楽聖ベートーベンが生活した家を訪問すると発表した。 本田代表は「インテリアは文化そのものだけに、当時のままで保存されているワイマールの文豪ゲーテが50年間にわたって ...

ガスティネル、アンゲリッシュ、パーヴォ・ヤルヴィ、他…豪華共演陣によるベートーヴェンの“三重協奏曲”&“ピアノ三重奏曲第4番”! TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
フランスの女性チェロ奏者アンヌ・ガスティネルの新譜は、なんとも豪華顔ぶれによるベートーヴェンとなりました。三重協奏曲は、一目ぼれならぬ一聴ぼれをしたギル・シャハムと、長年の共演者であるアンゲリッシュ、管弦楽はパーヴォ率いるフランクフルト放送響という顔ぶれ。

初出!ストコフスキー&読響の唯一の共演!ベートーヴェン:交響曲第7番ステレオ・ライヴ TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
とんでもなく貴重。ストコフスキーと読響の唯一の共演、ベートーヴェンの7番です!1965年にストコフスキーは最初で最後の来日をしますが、演奏会計画を進める中で読響と日フィルの二重契約騒動が勃発。紆余曲折の末、読響との共演はこの「ベト7」ただ1 曲のみとなりました。

ベートーヴェン「交響曲第1番」の音楽的冒険 東洋経済オンライン
ベートーヴェンといえば、クラシック音楽の名曲名盤案内には交響曲第3番「英雄」、第5番「運命」、第6番「田園」、そして第9番「合唱付き」がよく紹介されています。第1番を扱っているものはほとんどありません。第1番は有名ではありません。しかし、間違いなく傑作です。しかも、 ... »

ザンクト・ガレン劇場開場50周年記念上演!タウスク&ザンクト・ガレン響によるベートーヴェン“歌劇「フィデリオ」” TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
[Konzert und Theater St.Gallen 公式チャンネル]. スイスのザンクト・ガレン劇場で2018年3月に上演されたベートーヴェン唯一の歌劇≪フィデリオ≫のライヴ映像。 ザンクト・ガレン劇場は、スイス最古の劇場としてオペラ、バレエ、ミュージカル、オペレッタなどが頻繁に上演され ...

ルービンシュタイン&バレンボイムのベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1&2番がSACDハイブリッド化! TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
ここではルービンシュタイン最晩年の名盤、バレンボイムとのベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番&第2番をご紹介いたします(このシリーズでは第3番&第4番が先に発売されています)。ルービンシュタインの3度目の全集からの2曲で、引退表明の前年、55歳年下のバレンボイムと ...

アレクサンドル・タロー、ベートーヴェンの後期3大ピアノ・ソナタ録音をリリース CDJournal.com
フランスを代表するピアニストのひとり、アレクサンドル・タロー(Alexandre Tharaud)が、『ベートーヴェン: 後期3大ピアノ・ソナタ第30番〜第32番』(WPCS-13794 2,800円 + 税)を10月10日(水)にリリース。 タローは、世界各地で一流オーケストラとの共演を重ねながら、 ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年10月16日(火)
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室