ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > ベートーヴェン 最新情報、最新ニュース一覧

プロフィール 最新ニュース

ベートーヴェン プロフィール

ベートーベン

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
誕生日:1770年12月16日ごろ(洗礼を受けたのが12月17日)
星座:いて座(Sagittarius)
次の誕生日まであと21日
出身地:ドイツ・ボン

ドイツの作曲家。宮廷歌手の一家に生まれる。苦労の連続の青年期を過ごしながらも、ピアノの即興演奏の名手として名声を獲得、20歳代後半には難聴さえも乗り越え、数々の名作を作り出す。その功績で音楽家としては最高の「楽聖」の称号が与えられている。ハイドンモーツァルトに影響を受けている。
ベートーヴェンの視聴&練習コーナーはこちらです

ベートーヴェンの音楽は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンやヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトらが形成した古典派音楽の集大成であり、かつ、中期以降の作品は、ロマン派音楽への扉を開くものとなっている。スケルツォの導入(第2番)、従来のソナタ形式を飛躍的に拡大(第3番「英雄」)、旋律のもととなる動機やリズムの徹底操作(第5番、第7番)、標題的要素(第6番「田園」)や声楽の導入(第9番)など、革新的な技法を編み出している。その作品は、古典派が尊重する様式美とロマン的な表現主義とをきわめて高い次元で両立させており、ドイツ音楽の理想的・象徴的存在として、以後の作曲家のほとんどに影響を与えた。同時に、第5交響曲に典型的に示されている「暗→明」、「苦悩を突き抜け歓喜へ至る」という図式は劇性構成上の規範となり、のちのロマン派や国民楽派の多くの作品がこれに追随した。また、ベートーヴェン以前の音楽家は、宮廷や有力貴族に仕え、その作品は公式・私的行事のBGMや機会音楽として作曲されたものがほとんどであったが、ベートーヴェンはそうしたパトロンとの主従関係を拒否し、むしろ一般大衆に向けた作品を発表する、自立した音楽家の嚆矢となった。史上初めて音楽家=芸術家であると公言した彼の態度表明は、音楽の歴史において重要な分岐点となる。


ベートーヴェン 最新ニュース

取得時間:2017/11/20 07:43


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

「ベートーヴェンが成し遂げたこと」を特集 モーストリー・クラシック1月号 産経ニュース
まもなく師走。12月になると全国各地で「第九」が公演され、「歓喜の歌」が響きわたる。月刊音楽情報誌「モーストリー・クラシック1月号」は「ベートーヴェンが成し遂げたこと」を特集し、音楽史の中に燦然(さんぜん)と輝くベートーヴェンの業績を改めて確認している。 作曲した9曲の ...【MOSTLY CLASSIC】1月号 発売中SankeiBizall 2 news articles »

ザ・ローリング・ストーンズ、「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン」の配信開始&動画公開 エキサイトニュース
今回公開された「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン」はチャック・ベリーが1956年にシングルで発売したナンバー(全米シングル・チャート29位、R&Bチャート2位を記録)で、ザ・ビートルズやエレクトリック・ライト・オーケストラがカヴァーしたことでも有名な曲。ストーンズはこの曲を ... »

ジョルダン&ウィーン響/ベートーヴェン交響曲全集第1弾〜交響曲第1&3番“英雄” TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
... 楽章に“プロメテウスの主題”が用いられていることに注目。「第3番の終楽章が最大のクライマックスとなるべく、第1番の冒頭から様々な動機を関連付けていく」という独自の視点で演奏したと語っています。熟考の解釈から生まれた斬新なベートーヴェンをお楽しみいただけます。

森下真樹「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る」振付担当のMIKIKOとの対談で「4人の振付家との作業で自分に新しい風を吹かせたい」 ニコニコニュース
今度は12月にベートーヴェンの《交響曲第5番「運命」》を踊る。言うまでもない「ジャジャジャジャーン ジャジャジャジャーン」で始まる、おそらく日本でもっとも有名なクラシックの一つ。しかも4つの楽章を違う振付家が手がけるという。その顔ぶれはバラバラで、メチャクチャ贅沢。 »

【予約ポイント10倍】辻井伸行が遂にベートーヴェン“三大ソナタ”を録音! TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
人気・実力ともに日本を代表するピアニストとして世界にはばたき続ける辻井伸行。CDデビュー10年を迎え、その成長の証を刻んだディスクが登場します。ピアニストにとって王道中の王道、ベートーヴェンの3大ソナタ。ポップソングにもカバーされたことのある《悲愴》の第2楽章は ...

Meloclassic原盤ローラ・ボベスコのモーツァルト&ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ集がLP化! TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
錚々たるラインナップでヒストリカル・ファンを唸らせる CDレーベル「Meloclassic」、その中でも特に人気の高い盤であるボベスコの未発表ライヴをライセンス LP化しました。もちろん初 LP化。モーツァルト編(MELOLP-001/2)とベートーヴェン編(MELOLP-003/4)、2タイトルに分け ...

9. ベートーヴェンの散歩道とウィーンの森から見下ろす夕焼け ウーマンエキサイト
山の下は早く日が暮れるでしょう、暗くならないうちに、先にベートーヴェンの散歩道に行くことにします。 ここから歩いても行ける距離ですが、歩き疲れるのは避けたいと・・・ 山と反対方向の38Aバスに乗り、その後D線ヌスドルフ行きに乗り換え、 終点のベートーヴェンガンクで降り ...

館山・NANSO舞台芸術創造プロジェクト第19弾開館20周年記念公演 /千葉 毎日新聞
プログラムはベートーベンの「コリオラン」序曲、交響曲第9番「合唱付き」。今回の公演のために公募した中学生から80代で構成される「南総第九合唱団」(約140人)と、清見台混声、きみさらず女声、習志野第九の3合唱団を合わせて約200人が参加し、「歓喜の歌」を高らかに ...

『第九&未完成』ウクライナ国立歌劇場管弦楽団 ozmall.co.jp
明日への希望と力が湧き出てくる圧巻のコンサート「第九&未完成」で感動に包まれた年越しを! 日本では年末の風物詩として誰もが一度は耳にしたことがある、ベートーヴェン不朽の名作「第九」。今年の年末は、東欧音楽界の名門・ウクライナ国立歌劇場管弦楽団が同歌劇場 ...

『第九&新世界』キエフ国立フィルハーモニー交響楽団 ozmall.co.jp
『第九&新世界』キエフ国立フィルハーモニー交響楽団年末は東欧最高のオーケストラが贈る2大交響曲「第九」&「新世界」で豪華な一夜を! 年末の日本の風物詩・ベートーヴェンの「第九」、そしてドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」。人類の歴史に燦々と輝き続ける2大交響曲を聴ける豪華コンサート。演奏するのは、 ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年11月25日(土)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室