ハイドン 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

ハイドン 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > ハイドン 最新情報、最新ニュース一覧

最新ニュース

ハイドン プロフィール wikipedia

Name フランツ・ヨーゼフ・ハイドンFranz Joseph Haydn
Img Haydn portrait by Thomas Hardy (small).jpg
Img_capt トーマス・ハーディによる肖像画
Background classic
Birth_name
Alias 交響曲の父弦楽四重奏曲の父
Blood
School_background
Born 1732年3月21日
Instrument
Genre 古典派音楽
Occupation
Years_active 1740 - 1809
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732年3月31日 ニーダーエスターライヒ州ローラウ(:de:Rohrau Rohrau) - 1809年5月31日 ウィーン、但し遺体はアイゼンシュタット)は、古典派音楽 古典派を代表するオーストリアの作曲家。
たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番 (ハイドン) 弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。
....

ハイドン 最新ニュース

取得時間:2018/08/15 11:37


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

クラシック名盤 ハイドン:交響曲第85番「王妃」 第2楽章がお気に入り!? 産経ニュース
ハイドンの第82番から第87番までの6曲の交響曲は、パリで結成されたオーケストラ「コンセール・ド・ラ・ロージュ・オランピック」のために作曲され、「パリ交響曲」と呼ばれる。 「王妃」というニックネームを持つ第85番は、フランス王妃、マリー・アントワネットが第2楽章を気に入っ ...

ハイドン 交響曲 第100番『軍隊』 太鼓が軽やかに鳴り響く、楽しい曲! カンフェティ (プレスリリース)
交響曲の父」と呼ばれる作曲家・ハイドン。その数は100以上、後世の作曲家達にくらべて桁違いの多さです(ベートーヴェンの交響曲は9曲、ブラームスは4曲など)。これは別に後世の人達が怠惰だとか、ハイドンが粗製乱造だったということではなく、時代によって交響曲に求め ...

CPO レーベル〜2018年9月発売予定新譜情報(7タイトル) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
今回はマンゼ&ヘルシンボリ響によるラーシュ=エーリク・ラーション:管弦楽作品集第3集、タイス&ウィーン放送響によるヨハン・シュトラウス2世:バレエ音楽「灰かぶり姫(シンデレラ)」、カメラータ・ケルンによるオトテール:室内楽全集第3集、ミヒャエル・ハイドン:ジングシュピール《 ...

TAHRAレーベルの名盤復活!『アンチェル/コンセルトヘボウの芸術II』(2枚組) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
ハイドンならではのユーモアが飛び跳ねるさまに心が躍る佳演。フランクの交響曲は第1楽章序奏の底なし沼のような深さが恐 ろしく、うねりにうねって音楽が展開するさまに耳を奪われます。金管も憂いのある響きでまろやか。各楽器が美しく溶け合い大きな音響が構築されます。

ベルリンの縁がつないだ二瓶真悠(ヴァイオリン)と酒井有彩が伝えるドイツ・オーストリーの音楽 ニコニコニュース
ここでピアニストの酒井が改めて挨拶し「30分のコンサートなので2曲終わって、もう前半が終わりましたね」と笑わせて、3曲目はハイドンの「ヴァイオリン協奏曲より第1楽章」。二瓶が小学生の頃先生に「音程が悪い、もっと練習しなさい!」と怒られてばかりいた曲でイメージが ... »

飯森範親&日本センチュリー交響楽団のハイドン交響曲集第4弾は“第7番「昼」、第19番、第58番、第27番”(SACDハイブリッド) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
飯森&日本センチュリーのパフォーマンスは回を重ねるごとにクオリティが高められ、ハイドン演奏としては国内随一ともいえるタッグとなっています。彼らが丁寧に紡ぐ、柔らかく晴々とした響きが心地良い、優美なハイドンの世界をどうぞお楽しみください。 (オクタヴィア・レコード)

ボーナス・ディスク2枚追加!バーンスタイン『声楽作品エディション』(56枚組) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
ハイドンのミサ曲4曲と「天地創造」【CD4、17〜20】は、ハイドンの交響曲とともに、この作曲家へのバーンスタインの相性の良さを証明した名演ぞろいです。ドビュッシー「聖セバスティアンの殉教」はバーンスタインが翻訳・校正した英語のナレーションが付され、女優フェリシア・ ...

ラトル&LSO〜ハイドンの傑作楽章集!(SACDハイブリッド) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
ラトルが愛してやまない作曲家、ハイドン。ロンドン交響楽団を指揮しての、ハイドンの交響曲とオラトリオなどからのよりすぐり楽章で構成した「想像上のオーケストラの旅」の登場です。すでにラトルは同様のプログラムをベルリン・フィルと演奏しており、話題となったのも記憶に ...

第392回 プロムナードコンサート【8月10日(金)】 西日本新聞
10日(金)正午、福岡市博多区博多駅前の西日本シティ銀行本店エントランスホール。福岡ハイドン弦楽四重奏団が、ハイドン「弦楽四重奏曲第74番ト短調Op・74-3『騎手』」、ブリテン「シンプル・シンフォニー」、シューベルト「弦楽四重奏曲第12番ハ短調D・703『四重奏 ...

ポール・ルイスの新録音はハイドンのピアノ・ソナタ集! TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
イギリスの名ピアニスト、ポール・ルイスによるハイドンのピアノ・ソナタ集の登場。ポール・ルイスは、2005年から07年にかけて、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ集全集を録音、どれもくっきりと何の混じりけもない音楽で、ベートーヴェンの真髄を気負うことなく私たちに示してくれました ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年8月19日(日)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室