ナラ・レオン 最新情報、最新ニュース、最新ブログ記事一覧です
ネット音楽教室

ナラ・レオン 最新情報、最新ニュース、最新ブログ記事一覧


TOP > アーティスト最新情報 > ナラ・レオン 最新情報、最新ニュース、最新ブログ記事一覧

プロフィール

ナラ・レオン プロフィール

ナラ・レオン(Nara Lofego Leao)
本名:ナラ・ロフェーゴ・レオン
誕生日:1942年1月19日
星座:やぎ座(Capriconus)
次の誕生日まであと115日
血液型:不明
出身地:ブラジル・エスピリトサント州ヴィトーリア
女性ボサノヴァ・シンガー、ボーカル、ギター

ボサノヴァ界を代表する女性シンガー。女優としての顔をも併せ持つ。幼少期に「ボサノヴァ・ギタリスト」の「ホベルト・メネスカル(Roberto Menescal)」と出会い、二人を中心に音楽コミュニティーを形成、ボサノヴァの誕生と発展と、その後の歴史に多大なる影響を与えることになる。その後、政情・政変の悪化などにより音楽活動・ボサノヴァから一時的に遠ざかるが、育児が一段落後は再び精力的に活動し、数多くの名盤を残す。

その歌唱法は、常に「透明感」に満ち溢れ、時に「情熱的」・「示唆的」・「理知的」であったりと、
あまりの、その時々の歌唱表現の「的確」さに溺れ、まるで自分が「ナラ・レオン」の子供になってしまった様な感覚を覚える。

社会・歴史研究:ほぼ完了!
ここで全ての秘密を明かすと実は「ナラ・レオン」とは政治家(の子供)なのです。多くの人民の行く末を背負っているが故の説得力なんです。

そして最新の歴史研究では、ボサノヴァという音楽が、どうやら「フランスのシャンソン」に源流があるようで、その情熱がギターの国スペインを経過し、ポルトガル、そして南米へと移動したのであろう、と、解釈しております。これは植民地支配の流れと少し似ていますが、その真実を知っても、今なお、「ナラ・レオン」の歌唱の説得力が変わるという事はありません。その結果「ボサノヴァ」という至宝の音楽ジャンルが誕生したからです(シャンソンと、ラテン音楽と、その後、南米北米大陸によるジャズとの融合→ボサノヴァの誕生)、つまり「ボサノヴァ」とは社会融和改善の一環でもあるんですね。'60におけるロック音楽による社会改悪政策に幻惑されて、多くの人々が気付きにくかっただけです


公式サイト:
http://www.naraleao.com.br/



最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る


コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年9月26日(火)
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室