ナラ・レオン 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

ナラ・レオン 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > ナラ・レオン 最新情報、最新ニュース一覧

プロフィール 最新ニュース

ナラ・レオン プロフィール

ナラ・レオン(Nara Lofego Leao)
本名:ナラ・ロフェーゴ・レオン
誕生日:1942年1月19日
星座:やぎ座(Capriconus)
次の誕生日まであと334日
血液型:不明
出身地:ブラジル・エスピリトサント州ヴィトーリア
女性ボサノヴァ・シンガー、ボーカル、ギター

ボサノヴァ界を代表する女性シンガー。女優としての顔をも併せ持つ。幼少期に「ボサノヴァ・ギタリスト」の「ホベルト・メネスカル(Roberto Menescal)」と出会い、二人を中心に音楽コミュニティーを形成、ボサノヴァの誕生と発展と、その後の歴史に多大なる影響を与えることになる。その後、政情・政変の悪化などにより音楽活動・ボサノヴァから一時的に遠ざかるが、育児が一段落後は再び精力的に活動し、数多くの名盤を残す。

その歌唱法は、常に「透明感」に満ち溢れ、時に「情熱的」・「示唆的」・「理知的」であったりと、
あまりの、その時々の歌唱表現の「的確」さに溺れ、まるで自分が「ナラ・レオン」の子供になってしまった様な感覚を覚える。

社会・歴史研究:ほぼ完了!
ここで全ての秘密を明かしますと実は「ナラ・レオン」とは政治家(の子供)なのです。多くの人民の行く末を背負っているが故の説得力なんです。

そして最新の歴史研究では、ボサノヴァという音楽が、どうやら「フランスのシャンソン」に源流があるようで、その情熱がギターの国スペインを経過し、ポルトガル、そして南米へと移動したのであろう、と、解釈しております。これは植民地支配の流れと少し似ていますが、その真実を知っても、今なお、「ナラ・レオン」の歌唱の説得力が変わるという事はありません。その結果「ボサノヴァ」という至宝の音楽ジャンルが誕生したからです(シャンソンと、ラテン音楽と、その後、南米北米大陸によるジャズとの融合→ボサノヴァの誕生)、つまり「ボサノヴァ」とは社会融和融合改善の一環でもあるんですね。'60以降におけるロック音楽による世界規模の社会改悪政策に幻惑され、多くの人々が気付きにくかっただけです


公式サイト:
http://www.naraleao.com.br/


ナラ・レオン 最新ニュース

取得時間:2018/02/19 03:36


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

セルジオ・メンデスが駐日ブラジル大使館でトークショーを開催 メガブラジル
駐日ブラジル大使館は11月22日(水)、同大使館で開催しているイベント「カルチャートーク」シリーズの一環で、セルジオ・メンデスを招いてトークショーを開催しました。 平日の午後14時からの開催にもかかわらず、会場となった同大使館オーディトリアムは満席で、来場者の中には休暇を取ってかけつけたという会社員も ...

中南米音楽・文化を発信 創刊65年の歴史を誇り 月刊「Latina」本田代表が来伯 サンパウロ新聞
1952年5月創刊の南米音楽・文化を発信する月刊誌「Latina」の本田健治代表と宮ヶ迫理沙企画部長が先ごろ、サンパウロ市リベルダーデ区のサンパウロ文化センター(Centro Culutural S?o Paulo)で開催された音楽見本市「SIM」に出席・講演するために来伯した。本田代表に、同誌や南米音楽の歴史・日本 ...

「ボサノヴァ」という音楽はブラジル人にとって、どんな存在? ハフィントンポスト
ケニーGやシャーデーが大好きという高校でフランス語を教えている女性は「私、ナラ・レオンは好きよ。良い曲いっぱいあるよね」ということも言ってました。 まとめてみると、たぶん「ボサノヴァ」は「演歌」ではなくて、森山良子や加藤登紀子のような音楽なんです。 そしてフランス語を学校で教えているようなインテリで国際的な感 ... »

実写映画「ライオン・キング」キャスト発表、ビヨンセがナラ役で参加 映画ナタリー
劇場アニメ「ライオン・キング」を実写映画化する「The Lion King(原題)」のキャストがディズニーの公式SNSにて発表され、歌手のビヨンセらが参加するとわかった。 1994年に公開された「ライオン・キング」は、ジャングルの王の息子として生まれたライオン・シンバの成長を描く作品。アカデミー賞主題歌賞などを受賞し、ミュージ ...

カジヒデキが語る、時代を熱狂させる音楽シーンのスピリット CINRA.NET(シンラドットネット)
カジヒデキの2年ぶり通算14作目のオリジナルアルバム『ICE CREAM MAN』は、その名の通り極上のサマーアルバム! 近年共演の機会が増えている盟友のかせきさいだぁや、渋谷系のクイーンである野宮真貴をはじめ、坂本美雨や小島麻由美、住所不定無職のユリナといった女性ボーカルに、neil & iraizaの二 ...

シコ・ブアルキが6年ぶりのアルバム=音楽や歌詞での聴きどころは? ニッケイ新聞
カエターノ・ヴェローゾやミルトン・ナシメントらと並ぶ、ブラジルと州音楽(MPB)界の重鎮、シコ・ブアルキ(73)が25日、6年ぶりとなる新作アルバム「カラヴァナス」を発表し、話題となっている。 シコは、MPB勢の中ではサンバ色の強い楽曲を書くシンガーソングライターとして知られているが、今回収録された9曲はジャズのスタンダー ...

ブラジル音楽の名盤・レア盤全80作品が1000円 BARKS
美しきボサノヴァのミューズ 』ナラ・レオン(UICY-76362) 『私の初恋』ナラ・レオン(UICY-76363) 『ナラと素晴らしき仲間たち』ナラ・レオン(UICY-76364) 『お砂糖と愛情で』ナラ・レオン(UICY-76365) 『ヴィオラ・エンルアラーダ』マルコス・ヴァーリ(UICY-76366) 『ムスタンギ・コール・ヂ・サンギ』マルコス・ヴァーリ(UICY-76367 ... »

エドゥ・ロボ来日記念特集〜豊潤なブラジルのシーンで、 ひときわ光り輝くエドゥ・ロボの魅力とは? Billboard JAPAN
父親は、多数のサンバの名曲を残したことで知られる作曲家のフェルナンド・ロボ。その才能を引き継ぎ、早くから音楽に目覚めていたという。最初に手にしたのはアコーディオンだが、程なくしてギターを弾き始める。彼が多感な時期の1950年代末から60年代初頭のリオといえば、ボサノヴァ旋風が吹き荒れていた頃。若いエド ...

ソン・スンホン、セクシーな男性美溢れるグラビア公開“大人の眼差しに注目” Kstyle
... レザーバッグなどエス・テー・デュポンの象徴とも言える小道具を使い、特別なファッションセンスを誇った。 撮影関係者によるとソン・スンホンは撮影の当日、先に到着してスタイリングからコンテまで本人が直接チェックしたという。また、眼差しだけで撮影現場を圧倒し、グラビアのコンセプトに相応しい様々なポーズでプロフェッシ ...

エラ、サラ、サッチモ、シナトラに美空ひばりまで! 史上最強のCD付ジャズ歌雑誌「ジャズ・ヴォーカル・コレクション」 Mikiki
サラ・ヴォーン――サラの死を知ったのは車の中でのラジオのニュースだった。その直後、サラの伴奏を勤めたピアニスト、ロンネル・ブライトにインタヴューした。彼によって語られるサラの実力は驚愕だった。エラ・サラ・カーメン、御三家たちは時代の奔流の中で一頭地抜きん出た実力を発揮してきた。サラをはじめとするヴォーカリスト ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年2月19日(月)
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室