ジョン・コルトレーン 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

ジョン・コルトレーン 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > ジョン・コルトレーン 最新情報、最新ニュース一覧

最新ニュース

ジョン・コルトレーン プロフィール wikipedia

ジョン・コルトレーン(John Coltrane、1926年9月23日 - 1967年7月17日)は、アメリカ合衆国 アメリカノースカロライナ州生まれのジャズのサクソフォーン サックス奏者。チャーリー・パーカー亡き後、ソニー・ロリンズと並ぶジャズ・サックスの巨人。テナー・アルト・ソプラノサックスの他、フルートによる演奏も残されている。
ディジー・ガレスピーのバンドに参加し、いくつかのバンドを転々とした後に1955年にマイルス・デイヴィスのグループに入った。この当時はかなり評価も低かった。しかし次第に才能が開花し、2年後の1957年にはシーツ・オブ・サウンズと呼ばれるスタイルを確立して、後のジャズ界に影響を与えた。1960年代前半〜中盤には主にマッコイ・タイナー(ピアノ)、ジミー・ギャリソン(ベース)、エルビン・ジョーンズ(ドラム)とのクァルテットで幾多の名演を生んだ。晩年は精神性を強めたフリー・ジャズに傾倒し、1966年来日時、記者会見で「私は聖者になりたい」と発言したといわれる。サクソフォーン サックス奏者のラヴィ・コルトレーンは次男。
....

ジョン・コルトレーン 最新ニュース

取得時間:2018/05/21 17:59


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

ジョン・コルトレーンのインパルス期の傑作5タイトルがSA-CDハイブリッド化 タワーレコード限定発売 CDJournal.com
ジャズ史に残るレジェントのひとり、ジョン・コルトレーン(John Coltrane)の「インパルス」時代の傑作アルバム――『バラード』『至上の愛』『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン』『コルトレーン』の5タイトルが、SA-CD ...

JAZZ名盤 SA-CDハイブリッド盤に新シリーズが登場 TOWER RECORDS presents JOHN COLTRANE IMPULSE SA-CD HYBRID SELECTION ジョン・コルトレーン ... TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
PHILE WEBジョン・コルトレーンのテナー・サックスが奏でる最高のバラード・アルバムであり、1963年リリースの不滅のロングセラー盤。収録されているナンバーは超ロマンティックなメロディを持ったスタンダード曲ばかりだが、リリース後にコルトレーン自身が演奏する機会はほとんどなかった ...JAZZ名盤 SA-CDハイブリッド盤に新シリーズが登場「TOWER RECORDS presentsJOHN COLTRANE IMPULSE SA-CD HYBRID SELECTION」産経ニュースコルトレーンのアナログマスターをダイレクトDSD化した世界初のSACD、タワレコ限定発売PHILE WEBall 2 news articles »

ジョン・コルトレーン購入ガイド:ジャズ初心者のための必聴アルバム10枚 https://www.udiscovermusic.com/ (プレスリリース) (ブログ)
ジャズの世界では、少しでもジョン・コルトレーンを話題に持ち込もうなら、その場は畏敬の念で静まり返るものだ。その理由とは、彼が持つ音楽のパワーは我々人間が持ち得る力をはるかに超越し“神”として弟子たちが崇めているからだ。実際に1967年にジョン・コルトレーンが ...

80年代の学生が顧みる東京と地方の大きな差 | ファッション・トレンド ... 東洋経済オンライン
橘 玲(以下、橘):僕は浜松の田舎者で、大学に入るまで東京に出たことはありませんでした。湯山さんは東京出身ですよね。ほぼ同い年ですが体験は全然違うと思います。 »

「BLUE GIANT SUPREME」コンピアルバムが6月に、今回も石塚真一が描き下ろし提供 コミックナタリー
収録曲にはジョン・コルトレーンやソニー・ロリンズといった、主人公・宮本大が敬愛するアーティストの楽曲が取り揃えられた。 また6月22日から24日まで東京・ブルーノート東京にて、「BLUE GIANT NIGHTS」という初のライブイベントが行われる「BLUE GIANT」シリーズ。本日5 ...

地下空間で大音量に浸る 真剣勝負、私語厳禁席も 神戸・元町 毎日新聞
巨匠マイルス・デイビスやジョン・コルトレーン、大編成のビッグバンド……。JR元町駅からほど近い雑居ビルの地下1階に下りると約130平方メートルのスペースから心地よいリズムが漏れてくる。 客席は私語厳禁の「リスニング席」とおしゃべりも楽しめる「会話席」に分かれる。 »

オーネット・コールマンが安物のプラスティック製サックスで生み出し、マイルスでさえ動揺を隠せなかった「フリー・ジャズ」の誕生と存在意義 https://www.udiscovermusic.com/ (プレスリリース) (ブログ)
常に好奇心を持ち、進取の気性旺盛なジョン・コルトレーンは、より過激で縛りのない音楽をプレイし始め、1965年にはアヴァンギャルド・ムーヴメントの急先鋒となっていた。1967年に彼がこの世を去った後にその音楽探究の旅を引き継いだのは、ハープとオルガン奏者だった妻の ...

麻倉推薦:アナログ時代の優秀録音が現代の技術で蘇る点に驚き ダイヤモンド・オンライン
マイルス・デイビスとジョン・コルトレーンの歴史的協演。1960年春のヨーロッパ・ツアーにおけるラジオ放送音源から、5公演での演奏を収録している。3月21日パリ:オランピア劇場での2公演、 3月22日ストックホルム:コンセルトフセットでの2公演、3月24日コペンハーゲンの ... »

ケンドリック・ラマー、ピューリッツァー賞受賞の衝撃 現地の反応からその意義を読み解く リアルサウンド
当初はセロニアス・モンクやジョン・コルトレーンといったジャズミュージシャンの受賞が多かった同賞。1990年代中盤から他ジャンルの音楽家にもスポットが当たるようになり、2008年にボブ・ディランが特別賞を受賞し、ロック界では初の快挙だと話題になった。 授賞の基準は「 ... »

クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ特集 〜“ジャズ・ドラマー”としてのクリス・デイヴ&逆引き「ジャズ・ドラマー小辞典」 Billboard JAPAN
ジョン・コルトレーンを失った後のマイルスのバンドはトニーをはじめ、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーターといった新しい才能の加入により、再びジャズに革新をもたらした。4本の手足が自在に動く驚異的なテクニックと、ロック以降の感覚を持ったトニーによる ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年5月24日(木)
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室