モーリス・ラヴェル 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

モーリス・ラヴェル 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > モーリス・ラヴェル 最新情報、最新ニュース一覧

プロフィール 最新ニュース

モーリス・ラヴェル プロフィール

モーリス・ラヴェル

ジョゼフ=モーリス(モリス)・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel)
誕生日:1875年3月7日
星座:うお座(Pisces)
次の誕生日まであと138日
出生:フランス・シブール

作曲家、ピアニスト、オーケストラ編曲家、などの様々な側面を持つ。7歳でピアノを始め、12歳で作曲の基礎を学ぶ。14年間パリ音楽院で学んだ後に、1898年に作曲家としてデビュー。モーツァルトなどの古典派やスペイン音楽に影響を受けたフランス印象派。その楽曲は、現代的な和声に基づき、後期のジャズなどにも様々な影響を与える事となる。

モーリス・ラヴェルの視聴と練習コーナーはこちらです


モーリス・ラヴェル 最新ニュース

取得時間:2018/10/19 19:36


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

ポップしなないで「自然に出る感性に沿ったものやりたい」現実逃避の音楽性:インタビュー Yahoo!ニュース 個人
セカイ系おしゃべりJPOPユニット・ポップしなないでが10月24日、全国流通盤第2弾となるミニアルバム『CDはもう売れない』をリリースする。2015年にかめがい(Vo、Key)とロックバンドTHIS IS JAPANでも活動するかわむら(Dr)によるミニマムなバンドスタイルで結成。2016年12 ... »

ジャズのある到達点「カインド・オブ・ブルー」 東洋経済オンライン
マイルス自身も自叙伝で、『カインド・オブ・ブルー』の構想を練っていた頃、影響を受けたた音楽として、モーリス・ラヴェルの諸作品、特に「左手のためのピアノ協奏曲」に言及しています。 ラヴェルには「オーケストラの魔術師」との異名があります。音色への強烈なこだわりが ...

インタビュー | ジャズ・ピアニストの山中千尋が最新作『ユートピア』で挑んだジャズとクラシックの融合 Qetic
正統的なクラシックの教育は受けていないとガーシュウィンは言っているんですけど、晩年は(モーリス・)ラヴェルに師事したいとか、そういう風にアプローチしてクラシックの中で自分の名を上げたかったっていうのもあるんです。ラヴェルはガーシュウィンの才能を認めて「 ... »

japan(finds) vol.15: Ali Shaheed Muhammad & Adrian Younge's The Midnight Hour Billboard JAPAN
japan(finds) vol.15: Ali Shaheed Muhammad & Adrian Younge's The Midnight Hour来日アーティストに様々なものを日本で探求、発見してもらう企画、japan(finds)! 今回は、2018年8月末〜9月頭にかけて初の日本公演を開催したアリ・シャヒード・ムハマドとエイドリアン・ヤングのコラボレーション・ユニット“The Midnight Hour”の2人が登場。来日中に訪れた ...

くるり 『ソングライン』 佐藤征史とファンファンに聞く〈岸田繁はどこへ行くのか〉 Mikiki
途中“ボレロ”(モーリス・ラヴェル作)のオマージュも出てきますね。 佐藤「“ボレロ”に関してはたまたま思い付いた洒落だと思いますけど(笑)。今回アルバムは全部同じ方にミックスをしていただいて、〈この曲のギターは何年代のイギリスで〉とか〈このバンドのギターの音〉とか、 ...

ノット&ユンゲ・ドイチェ・フィル〜ショスタコーヴィチ:交響曲第15番、ラヴェル:優雅で感傷的なワルツ TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
曲目は作曲年代におよそ60年間を隔てた二つの20世紀作品、ラヴェルとショスタコーヴィチ。「優雅で感傷的なワルツ」管弦楽版の複雑にして繊細さを極める精妙なスコアをノットはこれ以上考えられないほどの品位とデリカシー、そして官能性をもってリアリゼーション。この録音が ...

メナヘム・プレスラーの新録音はDGソロ・デビューとなる『月の光〜ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』 TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
モーリス・ラヴェル: 12. 亡き王女のためのパヴァーヌ 13. 悲しげな鳥たち(《鏡》から) 【演奏】 メナヘム・プレスラー(ピアノ) 【録音】 2017年4月 パリ. 《メナヘム・プレスラー(ピアノ)》 1923年にドイツに生まれたプレスラーは1939年にナチス・ドイツを逃れてイスラエルに移住した。

N響第2オーボエ 池田昭子さんがソロで人気の理由 日本経済新聞
この日は「ラヴェル没後80年」と銘打ったモーリス・ラヴェル(1875〜1937年)の特集だった。ラヴェルはドビュッシーと並ぶフランス近代音楽の代表的作曲家。「古風なメヌエット」「クープランの墓」「道化師の朝の歌」「スペイン狂詩曲」「ボレロ」の管弦楽曲5曲と、ピエール・ロラン・ ... »

【モーリス・ラヴェル「ボレロ」】 “音楽の本質”とは何か?20世紀ポップの原型 ダイヤモンド・オンライン
モーリス・ラヴェルと言えば、フランス近代音楽を代表する作曲家で、はっきり言って天才です。天才の例にもれず、ピアノ曲から室内楽、管弦楽曲、バレエ曲、更にはオペラまで非常に多作です。きっと頭の中には常に音楽が流れ、しかも誰も聴いたことのない真新しい響きだったに ...

ヤマハホール〈飯森範親と辿るドビュッシーの芸術 -實川 風(ピアノ)を迎えて-〉没後100年のドビュッシーを語り合う上質な時間 Mikiki
實川風と飯森範親が語り合う没後100年のドビュッシー. クロード・ドビュッシー(1862〜1918)はモーリス・ラヴェル(1875〜1937)と並び、日本で最も知名度の高いフランスの作曲家である。だが《ボレロ》《ラ・ヴァルス》など華やかなオーケストラ曲で人気のあるラヴェルに対し、《 ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年10月20日(土)
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室