モーリス・ラヴェル 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

モーリス・ラヴェル 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > モーリス・ラヴェル 最新情報、最新ニュース一覧

プロフィール 最新ニュース

モーリス・ラヴェル プロフィール

モーリス・ラヴェル

ジョゼフ=モーリス(モリス)・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel)
誕生日:1875年3月7日
星座:うお座(Pisces)
次の誕生日まであと200日
出生:フランス・シブール

作曲家、ピアニスト、オーケストラ編曲家、などの様々な側面を持つ。7歳でピアノを始め、12歳で作曲の基礎を学ぶ。14年間パリ音楽院で学んだ後に、1898年に作曲家としてデビュー。モーツァルトなどの古典派やスペイン音楽に影響を受けたフランス印象派。その楽曲は、現代的な和声に基づき、後期のジャズなどにも様々な影響を与える事となる。

モーリス・ラヴェルの視聴と練習コーナーはこちらです


モーリス・ラヴェル 最新ニュース

取得時間:2018/08/15 14:29


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

「楽園の三羽の美しい鳥」作曲したラヴェル 戦争へのやるせない思いを表現 J-CASTニュース
8月の日本は、2つの原爆の日と、終戦記念日があり、戦争と平和について考える機会が多くなります。今日は、戦争への作曲者の思いが詰まっているがゆえに、この上なく美しい曲、近代フランス音楽を代表する作曲家、モーリス・ラヴェルの「楽園の三羽の美しい鳥」を取り上げま ...

ノット&ユンゲ・ドイチェ・フィル〜ショスタコーヴィチ:交響曲第15番、ラヴェル:優雅で感傷的なワルツ TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
曲目は作曲年代におよそ60年間を隔てた二つの20世紀作品、ラヴェルとショスタコーヴィチ。「優雅で感傷的なワルツ」管弦楽版の複雑にして繊細さを極める精妙なスコアをノットはこれ以上考えられないほどの品位とデリカシー、そして官能性をもってリアリゼーション。この録音が ...

龍谷大平安の魔曲『怪しいボレロ』に高校野球ファン戦慄「今日の怪しいボレロの得点率100%やろ」 SPREAD
龍谷大平安のオリジナル曲『怪しいボレロ』は同校を象徴するチャンステーマだが正式名称は定かではなく、出だしのリズムがモーリス・ラヴェルの『ボレロ』に似ていること、なにか大きなものが迫ってくるような怪しさがあることから通称『怪しいボレロ』と呼ばれるようになった。 »

メナヘム・プレスラーの新録音はDGソロ・デビューとなる『月の光〜ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』 TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
モーリス・ラヴェル: 12. 亡き王女のためのパヴァーヌ 13. 悲しげな鳥たち(《鏡》から) 【演奏】 メナヘム・プレスラー(ピアノ) 【録音】 2017年4月 パリ. 《メナヘム・プレスラー(ピアノ)》 1923年にドイツに生まれたプレスラーは1939年にナチス・ドイツを逃れてイスラエルに移住した。

N響第2オーボエ 池田昭子さんがソロで人気の理由 日本経済新聞
この日は「ラヴェル没後80年」と銘打ったモーリス・ラヴェル(1875〜1937年)の特集だった。ラヴェルはドビュッシーと並ぶフランス近代音楽の代表的作曲家。「古風なメヌエット」「クープランの墓」「道化師の朝の歌」「スペイン狂詩曲」「ボレロ」の管弦楽曲5曲と、ピエール・ロラン・ ... »

ギャルリ・ミレー ゆったりの魅力 美術館で管楽器の調べ 中日新聞
同館がフランスの画家ジャン・フランソワ・ミレーの作品を展示していることから、「ボレロ」などで知られる同国の作曲家モーリス・ラベルや、ラベルとゆかりのある作曲家の曲目を選んだ。組曲「マ・メール・ロワ」では、おとぎ話の朗読と合わせながら演奏。来場者約四十人が心地よ ...

【モーリス・ラヴェル「ボレロ」】 “音楽の本質”とは何か?20世紀ポップの原型 ダイヤモンド・オンライン
モーリス・ラヴェルと言えば、フランス近代音楽を代表する作曲家で、はっきり言って天才です。天才の例にもれず、ピアノ曲から室内楽、管弦楽曲、バレエ曲、更にはオペラまで非常に多作です。きっと頭の中には常に音楽が流れ、しかも誰も聴いたことのない真新しい響きだったに ...

西村由紀江、“可愛いイレーヌ”に感動の初対面 BARKS
西村由紀江が選曲、プロデュースを担当し、印象主義音楽を代表するドビュッシー、ラベル、同時代を共に彩ったクラシック音楽の巨匠達、ファリャ、ホルスト、ラフマニノフ、シベリウス、グリーグ、プッチーニ、アルベニスの代表的な楽曲を葉加瀬太郎、古澤巌、高嶋ちさ子、野崎 ... »

ヤマハホール〈飯森範親と辿るドビュッシーの芸術 -實川 風(ピアノ)を迎えて-〉没後100年のドビュッシーを語り合う上質な時間 Mikiki
實川風と飯森範親が語り合う没後100年のドビュッシー. クロード・ドビュッシー(1862〜1918)はモーリス・ラヴェル(1875〜1937)と並び、日本で最も知名度の高いフランスの作曲家である。だが《ボレロ》《ラ・ヴァルス》など華やかなオーケストラ曲で人気のあるラヴェルに対し、《 ...

青柳いづみこ企画・監修・演奏《クロード・ドビュッシーの墓》(SACDハイブリッド) TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)
今回、アールレゾナンス・レーベルから SACDハイブリッド盤でリリースされる『クロード・ドビュッシーの墓』は、『リヴュ・ミュジカル』掲載の楽譜集から、ラヴェルのヴァイオリンとチェロの二重奏作品を除く全9曲、『音楽新潮』からの邦人作品3曲のほか、カゼッラ、コダーイ、サティ、 ...





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年8月19日(日)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室