さとう宗幸 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

さとう宗幸 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > さとう宗幸 最新情報、最新ニュース一覧

最新ニュース

さとう宗幸 プロフィール wikipedia

さとう 宗幸(さとう むねゆき、漢字:佐藤 宗幸、1949年1月25日−)は、日本の歌手。
岐阜県可児市で生まれ、2歳で家族と共に宮城県古川市(現・大崎市)に転居、現在は同県仙台市在住。
宮城県古川高等学校→東北学院大学卒業後上京、(株)平和嶋(現?京急開発)に勤務。その後仙台に戻り、NHK仙台放送局 NHK-FM仙台「FMリクエストアワー」のディスクジョッキー DJを始める。
番組によせられた詩に曲をつけた『青葉城恋唄』が全国的に大ヒット。仙台を代表する曲のひとつとなる。
「青葉城恋唄」のヒットをきっかけに全国区の人気者となる。ドラマにも出演し、「2年B組仙八先生」の主演、伊達仙八郎役をつとめる。
....

さとう宗幸 最新ニュース

取得時間:2017/11/24 14:19


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

東北出身の男性芸能人といえば 1位 吉幾三、2位 サンドウィッチマン ニフティニュース
年代別でみてみると、30代以下の1位は「サンドウィッチマン」、40代以上の1位は「吉幾三」と異なる結果になりました。また、「吉幾三」「西田敏行」「梅沢富美男」は上の世代になるほど割合が高くなっていました。 その他には中村雅俊さん、さとう宗幸さん、大友康平さんが複数よせ ...

市役所本庁前にプレートを設置 /岩手 毎日新聞
奥州市民のうたは、2006年に旧水沢市などの合併で誕生した奥州市の一体感を高めようと、翌07年に制定された。歌手のさとう宗幸さんが作曲し、歌詞は公募で市内の教員、千田貴子さん(39)の作品が選ばれた。 プレートは縦約1・1メートル、横約1・5メートルの真ちゅう製。

さとう宗幸さん 宮田村ふるさと大使任命式 長野日報
宮田村は16日、村イメージソング「心をこめていつまでも」の作曲と歌唱を手掛けた歌手のさとう宗幸さん=宮城県仙台市=を迎え、「村ふるさと大使」任命式とコンサートを村民会館で開いた。小田切康彦村長から任命書を受け取ったさとうさんは、ステージで「心をこめて ...

赤間剛勝さん葬儀・告別式、さとう宗幸「青葉城恋唄」で最後の別れ サンケイスポーツ
スポーツ報知元キングレコード常務で、7日に肺がんのため77歳で死去した音楽評論家、赤間剛勝(たけかつ)さんの葬儀・告別式が17日、東京都大田区の臨海斎場で営まれ、歌手、さとう宗幸(68)が弔辞を読んだ。 「来年のデビュー40周年を一緒に迎えたかった」と遺影に語りかけ、赤間 ...さとう宗幸、心込め歌った…赤間さん告別式200人が参列スポーツ報知all 5 news articles »

<さとう宗幸>復興の裏にある実情 伝えたい 河北新報
大ヒット曲「青葉城恋唄」で知られる宮城県大崎市古川育ちのさとう宗幸さん(67)。「宗さん」の愛称で多くの人々に親しまれ、シンガー・ソングライターとしてだけでなく、俳優、テレビ番組の司会者と、さまざまな分野で活躍している。2018年にはデビュー40周年を迎える宗さんに、 ... »

さとう宗幸 赤間剛勝さん葬儀で弔辞 「青葉城恋唄」ささげる デイリースポーツ
7日に肺がんのため死去した音楽評論家で元キングレコード常務の赤間剛勝氏(享年77)の葬儀が17日、都内でしめやかに営まれ、大月みやこ(71)、さとう宗幸(68)ら200人が参列。 さとうが弔辞を読み、赤間さんと一緒に制作、大ヒットした代表曲「青葉城恋唄」をアカペラで ...

【仙台】さとう宗幸がゲキ!「青森山田のように東北魂、強さを見せてほしい」 スポーツ報知
市民後援会会長で、宮城県を拠点に活躍する歌手・さとう宗幸(67)が乾杯の音頭をとった。あいさつでは、9日の第95回全国高校サッカー選手権決勝を制し、初優勝を飾った青森山田に触れ「決勝で5―0。青森山田のように東北魂、強さを、特にホームの試合で見せてほしい」と ... »

「ホヤって美味しいの?どうやって食べる?」ほやほや学会会長にいろいろ聞いてみた【シーズン真っ盛り】 メシ通
貝殻にのせて焼かれたホヤはうま味も倍増。ひと口かじって日本酒を含めば、口の中でうま味がふくらむふくらむ! あ、ちょうど店内のBGMがさとう宗幸の『青葉城恋唄』になりました(宮城県ご当地ソングの代表格)。ああ……なんという東北感……帰りたくなっちゃったよ、俺。 »

赤間剛勝氏死去=音楽評論家、元キングレコード常務 時事通信
デイリースポーツ葬儀は17日午前11時から大田区東海1の3の1の臨海斎場で。喪主はおい光幸(みつゆき)氏。 63年にキングレコードに入り、中村晃子さんの「虹色の湖」や、さとう宗幸さんの「青葉城恋唄」などのヒット曲を手掛けた。日本レコード大賞の審査委員も務めた。 (2017/10/10-16:57 ...赤間剛勝さん死去 江利チエミさんのヒット曲や「青葉城恋唄」を世に送るデイリースポーツall 3 news articles »

さとう宗幸さん 「日常の大切さ」歌に込め 被災地の“現実”伝え続ける 産経ニュース
宮城県を中心に活動する歌手でタレントのさとう宗幸さん(66)。東日本大震災を経験し、未曽有の大災害の中で感じた「日常の大切さ」を胸に、歌い続けてきた。5年という節目を迎える被災地で、宮城や東北への思い、そして歌に込めた思いを語ってもらった。(聞き手 上田直輝). »





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年11月25日(土)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室