さとう宗幸 最新情報、最新ニュース一覧です
ネット音楽教室

さとう宗幸 最新情報、最新ニュース一覧


TOP > アーティスト最新情報 > さとう宗幸 最新情報、最新ニュース一覧

最新ニュース

さとう宗幸 プロフィール wikipedia

さとう 宗幸(さとう むねゆき、漢字:佐藤 宗幸、1949年1月25日−)は、日本の歌手。
岐阜県可児市で生まれ、2歳で家族と共に宮城県古川市(現・大崎市)に転居、現在は同県仙台市在住。
宮城県古川高等学校→東北学院大学卒業後上京、(株)平和嶋(現?京急開発)に勤務。その後仙台に戻り、NHK仙台放送局 NHK-FM仙台「FMリクエストアワー」のディスクジョッキー DJを始める。
番組によせられた詩に曲をつけた『青葉城恋唄』が全国的に大ヒット。仙台を代表する曲のひとつとなる。
「青葉城恋唄」のヒットをきっかけに全国区の人気者となる。ドラマにも出演し、「2年B組仙八先生」の主演、伊達仙八郎役をつとめる。
....

さとう宗幸 最新ニュース

取得時間:2018/10/13 02:18


This RSS feed URL is deprecated
, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

さとう宗幸さん、宮城県産米の新品種「だて正夢」東京で魅力発信 河北新報
地方活性化や観光振興をテーマに全国の自治体や企業が参加する商談会「2018“よい仕事おこし”フェア」が20日、東京・有楽町の東京国際フォーラムであり、歌手のさとう宗幸さんらが宮城県産米の新品種「だて正夢」をPRした。 さとうさんは歌手の庄子真理子さんと共に特設 ... »

さとう宗幸・山寺宏一・大久保剛志…宮城県ゆかりの著名人が選ぶ「私が好きな日本酒」(1/3) ウオーカープラス
日本酒がおいしい地域に住んでいると、自分だけの「イチ押しの一本」ができるもの。すすめられた酒を味わいながら、「一本」にまつわる想い入れを聞くのもいいものです。 そんな想いを聞くために、宮城県ゆかりの著名人3人にインタビュー。日本酒を通して、それぞれの熱い郷土愛 ...さとう宗幸・山寺宏一・大久保剛志…宮城県ゆかりの著名人が選ぶ「私が好きな日本酒」livedoorall 9 news articles »

仙台警察官刺殺事件 優しい大学生が崩壊した“二つの人格” ニフティニュース
容疑者が通った東北学院大学はミッション系の歴史ある学校で、声優の山寺宏一、歌手の大友康平、さとう宗幸、プロ野球の岸孝之らの母校としても知られる。こうした穏やかな学校・家庭環境で、青年はいつから心の内に闇を育んでいたのか。 相澤容疑者は現在取り調べ中 ... »

『久保みねヒャダ』初の地方公演! 仙台に千葉雄大と2000人集結 マイナビニュース
また、カラオケであらゆる曲をCharaっぽく歌う「Chara選手権」も開催し、能町はさとう宗幸の「青葉城恋唄」、ヒャダインは松田聖子の「夏の扉」、久保はZONEの「secret base 〜君がくれたもの〜」、千葉は福山雅治の「家族になろうよ」などを、それぞれ脳天から鼻が突き抜ける ...

さとう宗幸、羽生は「郷土の誇り」仙台でパレードだ 日刊スポーツ
羽生の出身地、仙台市在住の歌手さとう宗幸(69)は16日、の取材に「郷土の誇り。ぜひ連覇をしてほしい」と熱いエールを送った。司会を務める地元のミヤギテレビ「OH!バンデス」では、羽生の小学生時代から密着取材をしてきた。「すごい小学生がいるということ ... »

さとう宗幸感謝 羽生の国民栄誉賞「被災者に光明もたらした」 スポーツニッポン
羽生の地元、仙台市在住で「青葉城恋唄」で知られる歌手さとう宗幸(69)は2日、「東日本大震災の被災者に光明をもたらした」と感謝を口にした。「羽生君自身も被災されているし、被災地のことを気に掛けてくれていることをみんなが喜んでいる」と仙台の盛り上がりを語った。

赤間剛勝さん葬儀・告別式、さとう宗幸「青葉城恋唄」で最後の別れ サンケイスポーツ
スポーツ報知元キングレコード常務で、7日に肺がんのため77歳で死去した音楽評論家、赤間剛勝(たけかつ)さんの葬儀・告別式が17日、東京都大田区の臨海斎場で営まれ、歌手、さとう宗幸(68)が弔辞を読んだ。 「来年のデビュー40周年を一緒に迎えたかった」と遺影に語りかけ、赤間 ...さとう宗幸、心込め歌った…赤間さん告別式200人が参列スポーツ報知all 5 news articles »

「青葉城恋唄」で赤間さんに別れ さとう宗幸、弔辞で歌唱 スポーツニッポン
歌手のさとう宗幸(68)が弔辞を読んだ。78年のデビュー曲「青葉城恋唄」に、赤間さんがディレクターとして携わり、ヒット曲となった。♪広瀬川流れる岸辺――で始まる叙情的な曲は、仙台市出身の赤間さんに見いだされ、目をかけられた。「ご尽力で大きな歌にしていただきました ...

さとう宗幸さん 「日常の大切さ」歌に込め 被災地の“現実”伝え続ける 産経ニュース
宮城県を中心に活動する歌手でタレントのさとう宗幸さん(66)。東日本大震災を経験し、未曽有の大災害の中で感じた「日常の大切さ」を胸に、歌い続けてきた。5年という節目を迎える被災地で、宮城や東北への思い、そして歌に込めた思いを語ってもらった。(聞き手 上田直輝). »

新しい地域活性化の形、宮城の酒蔵を巡る旅「会いに行ける酒蔵ツーリズム」 ウオーカープラス
会いに行ける酒蔵ツーリズム』にも登場するシンガーソングライターのさとう宗幸さん、株式会社一ノ蔵の浅見周平代表取締役専務、株式会社佐浦の冨谷圭輔企画課課長、有限会社佐々木酒造店の佐々木洋専務取締役、VISIT東北のチェン・ポーハンさん、KADOKAWAの矢野 ...酒蔵を知れば宮城への旅が10倍楽しくなる! 『NIPPON SAKE DISCOVERY 会いに行ける酒蔵ツーリズム 仙台・宮城』8月24日(金)発売!PR TIMES (プレスリリース)all 12 news articles »





最新情報に追加したい「あの人」のご要望は「ご意見・ご要望」コーナーでどうぞ。
「あの人一覧」に戻る




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年10月16日(火)
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室