ギターチューナー 基本チューニング半音下げです 各種変則チューニングも掲載
ネット音楽教室

ギターチューナー 基本チューニング 半音下げ


TOP > ギターチューナー > ギターチューナー 基本チューニング 半音下げ

基本チューニング 半音下げ ギターチューナー・オンライン

1弦 D#(Eb)
2弦 A#(Bb)
3弦 F#(Gb)
4弦 C#(Db)
5弦 G#(Ab)
6弦 D#(Eb)
音程:
チューニングを合わせたら次はお好きなギター練習コーナーへGO!

最も一般的なギターのチューニング方法を半音下げたチューニングです。アレンジをよりディープにしたい場合や、ボーカルの要望により用いられる事があります。
全ての開放弦を鳴らすと、コード「Ebm7(add 4th)」が鳴ります。これはコードトーンとしては使えない音構成ですが、それ以外の、あらゆるコードを押さえるのに便利な様、合理的に考えられたチューニングです。1弦と6弦は2オクターブ違いで音構成が全く同じです。


チューニングの合わせ方

6弦もしくは5弦(音叉の場合)だけチューニングを合わせ、それに基づき他の弦のチューニングを合わせていく方法

普通に弦を弾いて開放弦で合わせる場合

2弦5フレット1弦開放弦
3弦4フレット2弦開放弦
4弦5フレット3弦開放弦
5弦5フレット4弦開放弦
6弦5フレット5弦開放弦

弦は必ず、緩んだ状態からペグを巻き上げる方向で合わせます。緩める方向で合わせると、チューニングがすぐに狂ってしまいます。

ハーモニクスを弾いて合わせる場合

2弦5フレット1弦7フレット
3弦4フレット2弦5フレット
4弦5フレット3弦7フレット
5弦5フレット4弦7フレット
6弦5フレット5弦7フレット

ハーモニクス音の出し方
フレットの突起部分の真上から弦に軽く左指を触れ、右指で弦を下から上に軽く引っ張り上げるようにして弾いた直後に左指を離して音を出します。


ディープ系チューニングの注意点

「E」よりも音を下げると、独特のディープ感を演出できますが反面、弦は緩めれば緩める程、音程が不安定になり狂いやすくなります。こまめなチューニング補正が必要不可欠です。




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年11月25日(土)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室