ベースチューナー 基本チューニングです
ネット音楽教室

ベースチューナー 基本チューニング


TOP > ギターチューナー > ベースチューナー 基本チューニング

基本チューニング ベースチューナー・オンライン

1弦 E
2弦 B
3弦 G
4弦 D
5弦 A
6弦 E
音程:
チューニングを合わせたら次はお好きなギター練習コーナーへGO!

最も一般的なベースのチューニング方法です。一般的なベースは4弦構成ですが、世の中には多弦ベース(6弦ベース)というものも存在しますので、ギター同様に6弦構成のまま記しておくことにしました。下のほう(6弦)から合わせていってください。


チューニングの合わせ方

6弦もしくは5弦(音叉の場合)だけチューニングを合わせ、それに基づき他の弦のチューニングを合わせていく方法

普通に弦を弾いて開放弦で合わせる場合

2弦5フレット1弦開放弦
3弦4フレット2弦開放弦
4弦5フレット3弦開放弦
5弦5フレット4弦開放弦
6弦5フレット5弦開放弦

弦は必ず、緩んだ状態からペグを巻き上げる方向で合わせます。緩める方向で合わせると、チューニングがすぐに狂ってしまいます。

ハーモニクスを弾いて合わせる場合

2弦5フレット1弦7フレット
3弦4フレット2弦5フレット
4弦5フレット3弦7フレット
5弦5フレット4弦7フレット
6弦5フレット5弦7フレット

ハーモニクス音の出し方
フレットの突起部分の真上から弦に軽く左指を触れ、右指で弦を下から上に軽く引っ張り上げるようにして弾いた直後に左指を離して音を出します。


ベースチューニングの注意点

低音は高音に比べ聴き取りにくい、という難点があります。そのため、普通に弦を弾いて合わせた後に、必ず「ハーモニクスを弾いて合わせる」必要があります。ベースとはバンドの要ですから、責任重大ですね。





コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年9月26日(火)
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室