ギターコード一覧 ローコードからハイコードまで 携帯やスマホ、PCで気軽に学べる音楽講座
ネット音楽教室

ギターコード一覧


TOP > ギターコードの一覧 > ギターコード一覧

ギターコードを探す


ギターコードの概要

ギターコード一覧 譜面



構成音:  C    E    G  


目次
基本コード13種類
各種組み合わせコード
各種ルート(キー)
ギターコードの学習
セーハの学習

おはようございます! ギターコード大全集です。およそ考え付く全てのコード(和音)を網羅しました。ギター初心者からフォークギター、ロックギター、ボサノバギター、ジャズギター、ソロギター学習者まで、あらゆるギターを愛する人が楽しくコードを覚えられるような構成を目指しています。
「+」とは「♯(シャープ)」、「-」とは「♭(フラット)」を意味します。覚えやすい様、全て「+ -」で統一する事にしました。

セーハ:人差し指などで複数の弦を、まとめて押さえること

コード表の下に「あまり意味無し」と表記してある押さえ方は、「コードを押さえる」というよりはスケール練習に適しているのではないか?という観念から、敢えて削除してありません。しかしコードストロークにおいては無意味な場合が多い押さえ方です。

ギターコード一覧に、「セーハ」しつつ4つの指で押さえる等、人間では絶対に押さえられない様な奇妙な図が出てきますが、指が届く位置、出したい音を自分で選んで弾いてみて下さい。「上部2音」「下部2音」などと選択できるように、構成音は全て表記しておきました。全ての音を押さえる必要はなく、場合によって使い分けていく、という事です。

同じコードでも、下記の様に最低8種類以上の押さえ方があります。低いフレットで押さえる「ローコード」、高いフレットで押さえる「ハイコード」、セーハーしつつ押さえる「バレーコード」を網羅。もちろん全て覚える必要はありませんが、弾き語りに適したポジション、アルペジオに適したポジション、カッティングに適したポジション、ソロギターに適したポジションなど、それぞれ特性が違います。目的によって色々と使い分けていきましょう。

ギターコード解説

最初に覚える基本のコードです。「ド・ミ・ソ」(1th・3th・5th)の音の間隔は、キー(ルート)が違っても変わる事はありません。この基本コードに限らず、コードの各構成音の間隔というものは、キー(ルート)が違っても常に一定の幅を保持したまま平行移動していきますから、一つ覚えれば他のキーに応用していく事ができるのです。

ギターコード C 0フレット
タイプ1

ギターコード C 1フレット
タイプ6

ギターコード C 3フレット
タイプ2

ギターコード C 5フレット
タイプ3

ギターコード C 7フレット
タイプ7

ギターコード C 8フレット
タイプ4

ギターコード C 8フレット
タイプ1

ギターコード C 10フレット
タイプ5

このギターコード「C」のピアノコードはこちらです
ギターコードの学習、も御参考にどうぞ

Cキーの基本コード13種類

C
Cm
Csus4
C(-5)
C(+5)
C6
C7
CM7
C(add9)
C9
C(-9)
C(+9)
Cdim
C11
C13



Cキーの各種組み合わせコード

C7sus4
C6(add9)
Cm6
Cm6(add9)
Cdim7
Cm7
Cm7(-5)
Cm(add9)
Cm9
Cm7(add9)
CmM7
CM7(add9)
CmM7(add9)
C7(add9)
C7(-5)
C7(+5)
C7(-9)
C7(+9)
C13(-9)



各種ルート

C Db D Eb E F Gb G Ab A Bb B




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年12月19日(火)
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2018年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ネット音楽教室